このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.4.27

博報堂、台湾大手独立系広告エージェンシーグループ「Growww Media Co., Ltd.」の過半株式を取得

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)は、台湾の大手広告エージェンシーグループ「Growww Media Co., Ltd.」(以下Growww Media社)の株式の過半数を株式公開買付けにて取得し、連結子会社化しましたのでお知らせいたします。

Growww Media社は台湾株式市場に初めて上場した独立系大手広告エージェンシーグループで、統合マーケティング、アクティベーション、PR、イベント・展示会、デジタルマーケティングの領域でトップクラスのサービスを提供する5つの事業ブランドを傘下に有しています。その中には台湾で最も長い歴史を持つ総合広告グループUnited Communications Group(1970年設立)も含まれ、それぞれが得意領域で高品質な統合マーケティングコミュニケーションサービスを提供しています。

Growww Media社が博報堂グループの一員になることにより、日本企業が多く進出する台湾における博報堂グループの統合マーケティング対応力はさらに強化され、広告領域に加えて、大規模イベント/展覧会の企画・運営、トラディショナル/デジタルメディアの横断的ソリューション、UXを最大化させるデジタルキャンペーンの構築やPR業務など広範囲に渡るサービスのクオリティを大幅に向上させることが可能になります。

また、博報堂が日本で培ってきたクリエイティビティを駆使した課題解決力、膨大な生活者データベース、デジタル/データマーケティングのナレッジといったリソースと、Growww Media社の能力と実績が融合されることによって、台湾のクライアント企業のビジネス成長に貢献する大きなシナジーを生み出してまいります。更に、当社のグローバルネットワークを活用して、台湾から海外への進出を目指すクライアント企業に対するサポートも視野に入れています。

今回の株式取得により、Growww Media社傘下の各事業ブランドと、台湾で活動する既存の博報堂グループ各社は、引き続き独立性(※注)を保ちながら、台湾・日系・グローバルのクライアント企業を支援してまいります。

※注:Growww Media社は、台湾で活動する既存の当社子会社と並列に運営され、クライアント企業の守秘情報等が共有されることはありません。

取締役社長のVince Cheng氏は、
「長い歴史と国際的な評価がある博報堂グループの一員になる事は、Growww Media グループにとっても非常に重要なステップです。博報堂の持つツール、研究データ、人材、市場に関する知識などのグローバルリソースの活用が可能になり、クライアントサービスを強化していく事が出来ます。このパートナーシップが、Growww Mediaグループにとって大きな発展をもたらす事になると確信しています。当グループの新しい章の始まりです。」
とコメントしました。

今後も博報堂グループは、各国で事業展開する日系・グローバル・ローカルのクライアント企業に、「生活者発想」に基づくマーケティングソリューションを提供するために、ネットワークの拡充を図ってまいります。

Growww Media


  • このエントリーをはてなブックマークに追加