• 2020/08/07

博報堂DYHD、2021年第1四半期は減収減益 〜営業利益は前年同期比94%減、純利益は約30億の赤字転落〜

博報堂DYHDは、2021年第1四半期(4-6月)の決算を発表しました。売上高は、21.6%減少、営業利益は、94.3%減少の大幅な減収減益となりました。また純利益も約30億の赤字となりました。新型コロナの影響による広告費削減の影響などを大きく受けた厳しい決算内容となりました。


  • 2020/08/06

博報堂グループ、D2Cブランド開発支援プログラムを提供開始

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)が発足したD2C(Direct to Consumer)ブランドビジネスを支援する「博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム」は、生活者発想でD2Cブランド開発を支援するプログラム「D2C Design Studio」の提供を開始いたします。


  • 2020/07/27

オタクコイン協会、電通ジャパニメーションスタジオと博報堂ブロックチェーン・イニシアティブが正会員に加盟

一般社団法人オタクコイン協会は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)のDentsu Japanimation Studio代表 / 第1統合ソリューション局・武藤 隆史氏、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島 正幸)が発足した博報堂ブロックチェーン・イニシアティブの伊藤 佑介氏の2名が理事に就任したことを発表しました。コンテンツ業界ならびにブロックチェーン業界を牽引する両名が加わることにより、一層の体制の強化を図ります。また、コミュニティ通貨『オタクコイン』を世界中のファンコミュニティへ普及を促進し、より公平性を意識した組織体を目指します。



  • 2020/07/23

8月の消費意欲指数は6月から続いた上昇傾向から一転し前月比マイナスに【博報堂調べ】

株式会社博報堂(本社·東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表。8月の消費意欲指数は49.5点。前月比は-2.3ptと低下、前年比は-0.2ptの横ばいとなっています。


  • 2020/07/22

博報堂、組織開発の効果を可視化する指標「Creative Growth Index」を開発

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)の専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」はこのたび、組織開発の効果を可視化する指標「Creative Growth Index(クリエイティブ・グロース・インデックス)」を開発いたしました。この指標を用いた分析を通じて、企業のクリエイティブな組織風土づくりを支援するソリューションの提供を開始します。


  • 2020/07/20

博報堂と博報堂プロダクツ、顧客接点コミュニケーションを非接触・非対面化する「GOGO DX」を提供開始

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島 正幸)、株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岸 直彦)は、イベントや販売促進、店舗での買い物行動などの顧客接点コミュニケーションを「非接触・非対面化」する、55のデジタルトランスフォーメーション(DX)ソリューションをワンストップで提供する「GOGO DX」を本日より提供開始いたします。


  • 2020/07/20

博報堂、「アフターコロナにおける⾏動デザイン予報」を発表

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)の専門組織・博報堂行動デザイン研究所は、昨年発表したデジタル時代の行動デザインモデル「PIX ループ™」に関連し、15~69歳スマートフォン保有の男女1,000名に対して、「デジタルを活用し欲求を満たせる情報を日常からうまく引き寄せ“貯めておく”『プール行動(Pool)』及び 自己拡張行動(eXpand)への発火(Ignite)動因となる『12欲求』に関する調査」を2020年5月実施しました。2019年9月とも比較し、新型コロナウイルスの影響による生活者の情報行動/欲求の現況や今後の変化の方向・兆しに関して「アフターコロナにおける行動 … Continue Reading →


  • 2020/07/17

プラットフォーム・ワン、2020年3月期決算は純利益前年比約4割増

博報堂DYHDグループで広告配信プラットフォームなどを提供するプラットフォーム・ワンは、10期目となる2020年3月期決算を発表しました。純利益前年比約4割(38.34%)増加となりました。



  • 2020/07/16

博報堂DYホールディングス、米国のマーケティング会社「Godfrey Dadich」を買収

株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社⻑:水島正幸)の戦略事業組織「kyu」は、米国のコミュニケーション会社「Godfrey Dadich Partners LLC(ゴッドフリーダディッチ)」(以下、Godfrey Dadich 社)の株式100%を取得いたしましたのでお知らせいたします。


  • 2020/07/09

博報堂とプレジデント、中小企業向けに企業変革サポートサービスを提供開始

株式会社プレジデント社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 長坂嘉昭 以下、プレジデント社)は、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸 以下、博報堂)と協業し、博報堂のグローススタジオ「TEKO」(テコ)の強みであるクリエイティブ面での専門性と、プレジデント社が持つ企業経営に関するコンテンツ制作力・情報発信力を融合させたサービスを開始しました。


  • 2020/07/09

アイレップ、23期決算は増収減益で売上高は800億円超え

博報堂DYホールディングスのアイレップは、23期の決算公告を発表しました。売上高は約805億円となり前年比118%の増収、営業利益は、前年比79.5%の減益となりました。