このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.5.26

Criteo、ニールセンのデジタル広告効果測定ソリューションの導入を発表

Criteo nielsen

Criteo(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、デジタル広告測定の業界標準であるニールセンの「デジタル広告視聴率」と、広告主がブランドリフト効果をより正確に測定し最適化できるようにする「デジタルブランドエフェクト」をCriteoソリューションに導入する計画を発表しました。

CriteoのショッパーグラフおよびAIエンジンと、ニールセンのオーディエンス属性別測定を組み合わせることによって、広告主は年齢や性別などの特定のパラメータに基づいて消費者を検証できるようになります。ニールセンのデジタル広告視聴率は、ニールセンのテレビ視聴率と同様の方法で、デスクトップ、モバイル、コネクテッドデバイスをまたいで広告オーディエンスの重複を除いた包括的な分析結果を翌日に提供します。Criteoは、フルファネルの広告プラットフォームへと進化し続け、コネクテッドTVをはじめとする広範なマーケティング目標およびインサイトに対応する技術調整を行っており、デジタル広告視聴率の測定は、ブランド広告主にとっての透明性、柔軟性、パフォーマンスのさらなる向上に寄与します。

Criteoは、卓越したダイレクトレスポンス広告エンジンで評判を築いてきました。クライアントからより優れた透明性と成果の測定を求められる中、ニールセンのデジタルブランドエフェクトのような測定機能によって、クライアントはパフォーマンス重視のキャンペーンによるブランド認知度の向上というさらなるメリットを可視化できるようになります。

2019年11月に就任したCriteoの最高経営責任者(CEO)であるメーガン・クラーケンは次のように述べています。

「ニールセンのようなグローバルリーダーと共に、当社のマーケティングソリューションの多様化に取り組めることを大変嬉しく思います。私はCriteoに入社する前にニールセンに在籍していたため、同社が信頼できるパートナーとしてエコシステムに極めて大きな価値をもたらしてくれることを確信しています。このたびの連携は、フルファネルへの進化に向けた当社の新たな一歩となります。また、ニールセンのデジタル広告視聴率とデジタルブランドエフェクトのインサイトから得られる独立した測定を組み込むことで、当社のショッパーグラフに含まれる9,000億ドルの検討および購入インサイトにさらなる価値が付加されます」

ニールセンの最高商務責任者(CCO)であるピーター・ブラッドバリー氏は次のように述べています。

「当社は、マーケターが自社ブランドに最も重要な消費者を見いだすために必要なインサイトを提供することにより、デジタル広告の説明責任向上に取り組んでいます。このたびのCriteoとの取り組みを嬉しく思っており、Criteoのネットワークのブランド企業や小売業者が当社のオーディエンス指標をどのように活用するのか楽しみにしています」

Criteo (クリテオ) について

Criteo(NASDAQ:CRTO)は、世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニーです。およそ2,700名のCriteoチームメンバーは、世界20,000社近くの広告主と、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを、機械学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を実現します。Criteoはテクノロジーを通じて、あらゆる規模の広告主に対し、ユーザーが本当に求めているものに出会える仕組みを提供します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加