このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.5.29

米国のCMOの平均在任期間は41か月〜前回調査より2ヶ月減少〜

CMO

米国のCMOの平均在職期間は、2019年に再び減少し、2018年の約43か月から41か月に減少したとWSJが報じました

平均在任期間が41か月というのは2009年以来記録上最低の数値です。CMOの在職期間の中央値は、2018年の約28か月から30か月に上昇しました。

CMOの在職期間は、CEOが昨年平均76か月で、中央値が53か月であったCEOよりはるかに短い傾向があります。

その理由の一つとして、マーケティング担当者が仕事の効果を証明することが難しいためであり、CMOは企業戦略についての議論に参加できないケースもあると言います。

また新型コロナの影響でレイオフされるケースも想定され、2020年度の調査はさらに短くなる可能性も高いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加