このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.6.9

RICHKA、ヤフーと協業しYahoo!ディスプレイ広告での動画広告の共同研究を開始

ヤフー リチカ

動画生成スマートエンジンRICHKA(リチカ)を提供するカクテルメイク (本社:東京都渋谷区/代表取締役:松尾 幸治)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川邊 健太郎)と協業し、Yahoo!ディスプレイ広告(以下、YDN)での動画広告の共同研究を開始しました。

本取り組みの背景

動画広告市場の成長により、動画活用は多岐に渡っていく一方で、制作コストの高さがボトルネックとなり、PDCAを回せず勝ちパターンを発見しづらい、という課題を抱えていました。
本取り組みでは、YDNが有する膨大な配信実績と、累計20万本以上生成されたRICHKAの制作ノウハウを連携させることにより、YDNにおける最適な動画クリエイティブを研究し、よりパフォーマンスの高い動画広告を普及させることを目的としております。

宮村 壮 様 (ヤフー株式会社 マーケティングソリューションズ統括本部 事業推進本部 販売推進部 部長)
動画広告はクリエイティブをしっかりと改善することで広告効果が引きあがることは社内の検証でも分かってきています。次のステップとして効果が高まるクリエイティブ要素を特定し、広告効果が期待できるクリエイティブを誰でも提案・制作できることを目指しています。RICHKAを用いてこの領域を研究し、共に広告主に価値を提供していきたいと思います。

松尾 幸治(カクテルメイク株式会社 代表取締役)
動画広告は、高い効果が期待できる反面、変数が多く、PDCAを回しづらいという課題を抱えておりました。この課題に対して、これ以上ない最高のパートナーと研究に取り組めることを大変嬉しく思っております。国内の動画広告を次のステージに進めるためにも、良いクリエイティブの追求に尽力して参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加