このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.6.18

シャノンとJストリーム、企業のウェビナーやオンラインカンファレンスの実施を支援するソリューション提供で協業

jストーム シャノン

株式会社シャノン(マザーズ:3976 代表取締役社長:中村 健一郎、以下シャノン)と株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)は、企業のウェビナーやオンラインカンファレンスの開催を総合的に支援するため、サービス連携を開始いたします。

 シャノンが提供する統合型マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM」と、Jストリームが提供する動画プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」を連携させることで、企業が参加登録型で行うウェビナー等オンラインイベントの開催に必要な仕組みを提供します。

 今回のサービス連携により、参加申し込みの管理やセミナー/イベントページでの動画のライブ/オンデマンド配信ができるだけでなく、講演者の負担を軽減できる事前収録した動画をライブ配信する疑似ライブの実施や、実施後の営業フォローをより細かく設計できる参加者単位での動画視聴履歴をマーケティングデータとして取得することが可能になります。

サービス連携の背景

 新型コロナウイルス感染症の流行により、セミナーや会場を使用したリアルイベント等、集合型イベントの多くが中止・延期するといった状況となっており、代替手段としてインターネットを利用したオンラインイベント開催の需要が増加しています。

 しかしながら、企業がウェビナー等オンラインイベントを実施するには、申し込みフォームの作成、参加登録者管理、受講票発行、メール配信、アンケート作成、資料ダウンロード、参加履歴管理、動画配信、視聴ログ集計等と多数の機能的な仕組みが必要となる他、オンラインでの開催の場合、参加者が多ければ多いほど、実際に関心を持って参加していたのかどうかがわかり難くなっていくため、「登録した」「参加した」だけのデータでは参加者の質を評価/判断するためには不十分となってきます。

 また、視聴者の顔が見えにくいオンライン開催の場合、講演者がやりにくさを感じる場合もあり、演者がライブ配信に不慣れな場合には特に配慮が必要になってきます。

連携で提供するサービス内容について

 シャノンが提供する「SHANON MARKETING PLATFORM」は、ウェビナーやオンラインカンファレンス等の企業のオンラインイベント実施に必要な申し込みフォーム作成から受付管理、受講票発行、集客メール配信、リマインドメール配信、アンケート作成などの機能により、企業のオンラインイベント開催に必要な一連の仕組みを提供します。また、登録参加状況に応じて、フォローアップを行うための充実したマーケティング機能も提供します。

 Jストリームが提供する「J-Stream Equipmedia」は、「SHANON MARKETING PLATFORM」で管理されるセミナー/イベントについて、オンデマンド配信、ライブ配信、疑似ライブ配信という3つのタイプの動画配信によってオンラインでのイベント開催を実現する他、ユーザー別の視聴解析部分をサポートします。

・オンデマンド配信では、字幕付与やチャプター付与といった視聴利便性を高める機能を含めて利用が可能です。収録済みコンテンツを保護するため、再生ドメイン制限や暗号化配信等、セキュリティ確保も行えます。
・ライブ配信では、チャットを伴った1対nのライブ配信が可能で、チャットのコメント検閲やチャットログの取得も可能です。
・疑似ライブ配信では、事前に収録済みの動画をライブとして指定時間に配信します。疑似ライブでもチャットを併用することができますので、運営者はチャットでの参加者とのやり取りに集中することができます。

 全てのタイプにおいて、「誰が」「いつ」「どの動画を」「どれだけの長さ」「何回」視聴したかといったユーザー単位での動画視聴データを取得し、「SHANON MARKETING PLATFORM」に連携させることができます。ユーザー単位の視聴データは参加者の関心度を図るために非常に有用なマーケティングデータとなります。

 ウェビナー/オンラインカンファレンスの管理運営に必要な機能をすべて兼ね備えたシャノンの「SHANON MARKETING PLATFORM」と、Jストリームの動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」が連携することで、より実施効果の高いウェビナー等オンラインイベントの開催を実現します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加