このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.11

トランスコスモスアメリカ、ゼンリンUSAと協業しビッグデータを活用した営業支援サービスを提供開始

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)の米国子会社であるtranscosmos America Inc.(本社:カリフォルニア州、プレジデント兼COO:溪井 亨、以下、トランスコスモスアメリカ)は、Zenrin USA, Inc.(本社:カリフォルニア州、CEO:大垣忠央、以下、ゼンリンUSA)と協業し、ゼンリンUSAがもつビッグデータを活用したダイレクトマーケティングと、トランスコスモスが米国向けサービス提供で培ってきたコンテンツマーケティング、コンタクトセンターのノウハウを活用し、ウィズコロナ時代のB2B営業支援サービス「D!G!Sales(デジセールス)」の提供を開始しました。米国でB2B事業を展開する日系および現地企業向けにサービス提供を目指します。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが不可欠なものとなったことで、さまざまな課題が出ています。特にビジネス活動の基盤であるマーケティングや営業活動においては、対面での営業活動が制約されていることでコロナ時代を生き抜くための新しいスタイルが求められています。オンラインミーティングなどの拡がりにより、既存顧客へのアプローチなど解決できている課題もありますが、特に新規見込み顧客獲得においては、オフィスの電話がつながらないことやオフラインイベントの中止により、アプローチの拡大、成約率を高めるためのフォローアップ、情報開示の方法など、デジタルを活用した新しい施策が求められています。このような背景のもと、ゼンリンUSAとトランスコスモスアメリカは協業し、B2B営業支援サービス「D!G!Sales(デジセールス)」の提供を開始しました。

ナビゲーション地図データで高いシェアをもつゼンリンは1996年に米国に進出し、道路標識や高速道路出口周辺の施設情報などを現地調査するとともにさまざまなサードパーティデータを取り扱ってきました。サードパーティデータとは、さまざまなデータソースから集めた膨大なデータのことをいい、本サービスでは消費者データとビジネスデータを活用して新規顧客獲得を支援します。消費者データは年齢、性別、国籍、居住区、趣味、趣向に職業や家族構成、年収などのライフスタイルまで、さまざまなセグメントが存在しており、ビジネスデータは、業種やビジネス規模だけでなく、担当者名や役職などのデータも含まれます。

これらのデータを活用してゼンリンUSAが提供するメールマーケティングサービスを、トランスコスモスアメリカが提供するWebサイト制作・ブログ制作・コンテンツ開発・SNS運用などのコンテンツマーケティングサービスやアウトバウンドコールなどのサポートサービスと組み合わせることで、今までとは違う新しい営業スタイルを提案します。

■B2B営業支援サービス「D!G!Sales(デジセールス)」 概要

ゼンリンUSAについて
日本の地図会社ゼンリンの米国支店として、1996年にカリフォルニア州バーリンゲームに設立。北米の高速道路ジャンクションの案内図、レストランや施設情報、地図上に表示するナショナルブランドのアイコンなど、カーナビ向けリッチコンテンツを現地調査・制作し、主に日系の自動車会社の北米ナビ向けに販売している。また、現在では新規事業として、北米に居住する2億人以上の消費者データや2500万件の企業データを活用したダイレクトマーケティングサービスを2018年末に開始。米国市場でのビジネス拡大や新規顧客獲得に関する各種マーケティングサービスを手掛けている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加