このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.26

クロスロケーションズ、エリアマーケティングによる広告効果可視化サービスを提供開始

クロスロケーションズ
位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform™️ (ロケーションエーアイプラットフォーム、以下「LAP」) 」を開発・提供するクロスロケーションズは、小売・外食・メーカー企業から要望の高い「来訪シェアマップ」「期間比較マップ」の2つの新機能を提供開始しました。

LAPは、AIが位置情報ビッグデータから消費者行動の分析・見える化を行った上で、位置情報を使ったスマホ広告、LINEなどのSMS広告やDM、チラシ、ポスティングなどのエリアマーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるプラットフォーム製品です。

 コロナ禍において人々の外出自粛と緩和が繰り返され、その行動や購買動向が大きく変わる中、今後も消費者に選ばれるお店・商品として成長していくためには、より一層の消費者理解と新たなライフスタイルに合わせた「マーケティング戦略」の実施が不可欠です。

 しかし、コロナ禍の影響で、客層や商圏が変化したので、従来の地域・エリア向け広告施策の妥当性への疑問や見直しの必要を感じていても、判断材料が乏しく、明確な状況把握がしづらいという課題がありました。

 今回の新機能の追加により、各地域(丁目レベル)ごとの変化を期間別に比較可能になりました。コロナ禍による地域変化を捉える事が可能になるに加え、データに基づいて実施した「マーケティング施策(スマホ広告、SNS広告、DMなど)」により、自社店舗・施設と競合店舗・施設の各地域でのシェアの変化を確認でき、施策実施前後の効果検証等が可能になりました。

クロスロケーションズ

今回追加される新機能

1.競合とのシェア率の変化をデータで把握
自社店舗・施設に来訪する消費者の居住エリアにおける競合店舗・施設とのシェア比較を位置情報ビッグデータから解析し、状況把握できます。複数の期間を比較することで、コロナ禍による変化も視覚化できます。

2.広告効果をエリア単位で検証、分析だけで終わらないデータ活用を実現
LAPは、位置情報ビッグデータを解析し、その結果をモバイル広告・ポスティングなどのマーケティング施策がが可能なプラットフォーム製品です。今回の新機能実装により、広告の効果をエリア(丁目)単位で分析できます。広告実施前後の来訪率・シェア率がエリア単位で検証でき、各販売促進施策と効果測定が行えます。

今後もクロスロケーションズは、「 Location AI Platform™️ 」の更なる機能開発を通じて、位置情報を社会の多様化するニーズや市場環境に活用できるサービスの開発・提供してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加