このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.9.16

電通グループ、トヨタ自動車との資本業務提携によりマーケティング変革とモビリティビジネス創造を目的とした合弁会社を発足

電通グループは、トヨタ自動車および同社子会社であるデルフィスとの間で、資本業務提携を行うことに合意しました。これにより、当社とトヨタ自動車は、2021年1月(予定)に合弁会社を発足します。同合弁会社は、デルフィスの事業を基盤とした事業会社および別途新設する事業会社の持株会社となり、当該2社はそれぞれトヨタ自動車の「お客様に寄り添うコミュニケーションの強化」と「DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進」を事業領域とします。

この新体制の下、当社グループは、株式会社電通を中核として、トヨタ自動車のDXを含むマーケティング変革およびモビリティビジネス創造の加速を実現すると同時に、顧客企業のマーケティング変革への貢献を通じて、当社グループのビジネストランスフォーメーションを推進していきます。
なお、同合弁会社は当社の持分法適用会社となる予定です。

新体制発足の概要

2020年9月、当社、トヨタ自動車およびデルフィスは、デルフィスによる当社への第三者割当増資を含む資本業務提携契約を締結しました。2つの事業会社(①、②)と、それを統括する持株会社による新体制を発足します。
今後、各国の競争法当局の承認等を取得後、当社がデルフィスに出資をし、2021年1月(予定)の新体制発足に向け、準備を進めていきます。

トヨタ 電通グループ

事業会社①:デルフィスの事業を基盤に、1) お客様から最も信頼されるブランドづくりに向けた新たなコミュニケーションの革新、2) デジタル社会の進展など、時代の変化を先取りした新たなマーケティングへの変革、3) モビリティ社会でのビジネスへのチャレンジ、を行っていきます。
事業会社②:リテール領域のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進により、デジタルコミュニケーション分野の研究機関として、新たな「仕組み」と「ビジネス」の創造に取り組みます。
持株会社:新設・発足する事業会社(①、②)を統括し、マーケティング領域の変革に関する戦略的意思決定を行います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加