このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.6

インテージ、テレビ・スマートフォン・パソコンの利用状況と商品購入が把握できる『i-SSP』 2021年4月テレビ視聴パネルを全国化へ

インテージ、『i-SSP®(インテージシングルソースパネル®)』(以降i-SSPと表記)のテレビ視聴パネルを2021年4月1日より全国拡大します。

『i-SSP』は同一個人から複数情報源のデータを収集し、メディアの利用状況と生活者の行動を明らかにしますが、テレビ視聴だけは、関東・関西・中京エリアのみでの調査となっておりました。
2021年4月より上記以外の地域のデータも提供できることになり、すでに全国でデータを提供している『i-SSP』のパソコンおよびスマートフォンのデータと同様、全国でのメディア利用状況、広告接触、購買状況の可視化を実現します。
また、誰がいつどんなものを購入したかを明らかにする調査データであるSCI®(全国消費者パネル調査)とも同一の全国でのサービス提供となり、活用価値が向上します。

iSSP

<i-SSPのデータ提供地域>

i-SSPテレビ視聴パネルは、これまで関東・関西・中京エリアで展開をしており、多くの企業様にご活用いただいていましたが、一方でエリア拡大を望む声も多く得ていました。今回のエリア追加により、関東・関西・中京エリア以外および全国でのテレビCMと商品購買の関係の可視化やデジタル広告との効果比較などを可能にします。また、調査人数が既存の8,000人から12,000人へと大幅に増えることにより、これまで以上に詳細な効果分析を行うことができます。

<全国でのクロスメディア広告効果測定が可能に>

エリアを細かく指定せずに配信する傾向にあるデジタル広告と、今回全国で計測できるようになるテレビCMの計測範囲が揃い、全国計でのクロスメディアキャンペーンの効果を可視化できるようになります。
i-SSPは同一対象者からテレビCMとデジタル広告のデータを取得しているため、テレビCMのみ/デジタル広告のみ/テレビCMとデジタル広告の両方と3つの区分で広告接触率を全国でターゲット別に把握することができます。これにより、どのメディアの到達効率が良かったかの費用対効果の確認(リーチ効率の確認)が可能となります。
さらには、接触パターン別にアンケート聴取をすることで、どのメディアの広告に接触した消費者が自社の商品に関心をもっていただけたかや、広告意図がどのメディアの広告で伝わっているかを把握できます。
このように、多面的にキャンペーンの広告の投資対効果を把握し、次回のキャンペーン設計に活かしていただくことができます。

<全国でのテレビCM接触の購買への影響分析が可能に>

SCIと併用することで、テレビCMの接触者が自社商品をより購入するようになったかどうか、地域ごとに可視化して分析できます。また、広告接触者・非接触者に対するアンケートにより、ブランド・商品への印象の変化や購入意向度の向上といったデータを取得することで、多面的にキャンペーンのブランドリフト効果(ブランド認知率、好意度などの向上有無)を計測できます。
これにより、テレビCMが消費者の商品購入プロセスに与えた効果がエリアごとに検証可能となり、エリアごとの広告施策を検討する上での判断材料となります。

<全国でのシェアオブボイス把握や競合比較を可能に>

自社テレビCMと競合企業・ブランドと比べてどの程度広告コミュニケーションできているかを把握する指標であるシェアオブボイスを全国でターゲット別に把握できるなど、これまでは可視化できていなかった3地域以外も含めた分析が可能になります。たとえば自社の商品の売り上げが前月より減少していたときに、以前と比べてシェアオブボイスに変化がないかを確認するなど、競合他社の商品と自社の商品の関係を把握するための一助となります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加