このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.22

2020年上半期テレビCM動向は放送回数・時間ともに前年比大幅減少【SMN調査】

SMNとグループ会社のゼータ・ブリッジは、2020年上半期(4月~9月)の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数と放送時間を調査し集計し発表しました。

2020年上半期動向まとめ【調査トピックス】

・テレビCM放送回数・時間ともに、4月~9月のすべての月で前年同期を大幅に下回る。
 特に、緊急事態宣言後の5月の減少が一番大きく、放送回数前年比80%、放送時間前年比86%。
・放送回数増加カテゴリ1位は、「映像」*で前年比178.6%。 *「映像」はBD/DVDコンテンツ紹介
・放送回数減少1位は、「電車・航空」で前年比23.6%。
・新たな生活様式の代表格であるフードデリバリーサービスは、「ウーバーイーツ」前年比1374%、
 「出前館」前年比2558%と大きく伸びる結果に。
・放送回数減少カテゴリは、4~5月は大幅減少したものの、6月以降は放送回数増加の兆し。

テレビCM2020上半期

調査詳細はこちら:

https://www.so-netmedia.jp/topics/pr_release_20201021_zb/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加