このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.11.12

まぐまぐ、上場後初の通期決算は新型コロナの影響を受け減収減益

まぐまぐ magmag
まぐまぐは、今年に上場を果たしてからは初となる通期(2019年10月1日~2020年9月30日)での決算を発表しました。

売上高は683,174千円(前年同期比4.3%減)、営業利益は145,672千円(前年同期比29.0%減)、経常利益は126,875千円(前年同期比38.4%減)、当期純利益は92,447千円(前年同期比36.7%減)となりました。

セグメント別詳細

① プラットフォーム事業
プラットフォーム事業においては、メルマガ配信プラットフォーム「まぐまぐ!」および記事販売プラットフォーム「mine」が属しております。
当事業年度では、2020年4月にライブ配信サービス「まぐまぐ! Live」をリリースしました。「まぐまぐ!Live」は、スマートフォンアプリやWebブラウザ上で映像や音声を視聴者へリアルタイムに配信できるサービスであります。クリエイターは、伝えたい情報を伝えたいタイミングで自由に発信することが可能であり、また視聴者はLive配信中にコメント機能等を活用することで、クリエイターと手軽にコミュニケーションを取れる仕様となっております。

当セグメントの主軸である有料メルマガサービスにおいて、新規クリエイター獲得のための活動促進や有料メルマガコンテンツをメディア記事に継続的に紹介する等、サービスの拡大を図ってまいりました。さらに、有料メルマガコンテンツの一部を定期購読前に読者が確認できる機能等の実装やユーザーインターフェースの改善に取り組む等、継続的にプラットフォームの利便性の改善およびユーザビリティの向上に努めております。その結果として、プラットフォーム事業の売上高は339,913千円(前年同期比0.7%増)、セグメント利益は189,999千円(前年同期比11.9%減)となりました。

② メディア広告事業
メディア広告事業においては、Webメディアの運営および「Webメディアコンテンツ」・「メルマガコンテンツ」の広告枠販売サービスが属しております。
Webメディアにおいては、自社メディア「MAG2 NEWS(まぐまぐニュース)」「MONEY VOICE(マネーボイス)」「TRiP EDiTOR(トリップエディター)」「by them(バイゼム)」の知名度およびユーザー満足度の向上を模索してまいりました。話題になり得る旬の記事を適切なタイミングで数多く掲載し、新たなライターの獲得や外部メディアとの提携記事を掲載する等、自社メディアの強化に注力した結果、PVおよびUU数は堅調に推移しました。

一方で、新型コロナウイルスの影響により企業の広告出稿が減少したことで、広告単価が低下するなどの影響が発生しております。また、Webメディアコンテンツ・メルマガコンテンツの広告枠販売においては、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部対面による営業活動が制限され、受注機会の減少やリードの長期化等の影響を受けております。その結果として、メディア広告事業の売上高は328,480千円(前年同期比11.6%減)、セグメント利益は179,815千円(前年同期比25.9%減)となりました。

③ その他
その他事業においては、イベント企画等が属しております。イベント企画はクリエイターの活動の支援と促進を目的としています。当社がクリエイターの活動を支援し、活性化のサポートをすることで、クリエイターの知名度と信頼性を向上させ、ブランディングに貢献しております。当事業年度中においては、有料メルマガの人気クリエイターを講師に迎えた講演会・イベント等を2件開催し、有料メルマガ読者とクリエイターのコミュニケーションの機会を創出しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大のため、2月以降のイベント開催を中止した
ことによる影響を受けております。

その結果として、その他事業の売上高は14,780千円(前年同期比238.2%増)、セグメント損失は372千円(前年同期比90.9%減)となりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加