このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.11.30

メディアドゥ、Digital Entertainment Assetと資本業務提携

メディアドゥ

メディアドゥは、Digital Entertainment Asset社への出資および業務提携を発表しました。

1.出資および業務提携の理由
当社グループは、デジタル化された数多くの著作物を、公正利用のもと、出来るだけ広く頒布し著作者に収益を還元するという「著作物の健全なる創造サイクルの実現」をミッションとし、「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ」をビジョンに掲げ、日本における文化の発展及び豊かな社会づくりに貢献するため、積極的な業容の拡大及び企業価値の向上に取り組んでおります。

現在、スマートフォン等の電子デバイスの普及、通信環境の整備とそれに伴うユーザーのライフスタイルは一層の変化を迎えており、デジタルトランスフォーメーション(DX)は今後、さらに加速していくものと考えています。こうした環境の変化を捉え、当社グループが見据えるのは、自らの DX への挑戦と実践によって、多様なステークホルダーの多様な価値観に応じたプロダクトやサービスを提供していくことこそが、当社グループが中期経営計画で掲げる「Publishing Platformer」、すなわち出版及びコンテンツ業界の DX を支える存在のあるべき姿だと考えております。当社グループでは、このあるべき姿への転換と、出版市場の更なる拡大への貢献に向けた持続的な事業成長、及び価値創出を実現する施策を一層加速させるべく、機動的且つ柔軟な成長投資、M&A及び資本・業務提携を推進しております。

一方、DEAは、シンガポールでブロックチェーンエンターテイメントプラットフォーム「PlayMining」を開発・運営しており、同プラットフォームは90カ国以上の国と地域で利用されております。ローンチ後対前月比で倍増というスピードでユーザーが増加しており、今後1年で1,000万ユーザーまで拡大していく計画です。DEAでは、PlayMiningのユーザーに対して独自暗号資産「DEAPcoin」(DEP) を発行し、ユーザー間でデジタルエンターテイメントアセットを流通させながら、その対価・媒介としてDEPを循環させることで独自経済圏(「Play Mining経済圏」)を創出していくことを目指しております。

当社グループは本件出資により、PlayMining経済圏の重要コンテンツとしてマンガを追加することで、海外を中心に順調に増加するPlayMiningユーザーをはじめとしたグローバルユーザーに対する日本のマンガの認知向上が図れるだけでなく、DEAと当該経済圏の成長を通じた電子書籍流通の拡大にも寄与するものと考えております。また、日本のデジタルコンテンツをDEAのプラットフォームや概念を活用して海外展開することも視野に業務提携を進めることで、当社グループが提供するサービスやマーケティングソリューションのグローバル拡大が促進され、ひいては両社のシナジー効果が期待できると判断いたしました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加