このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.15

ABEMA、視聴者の購買行動を基点に広告自動配信を実現する「ABEMA Ads プログラムマッチ」を提供開始

ABEMA Ads プログラムマッチ

「ABEMA(アベマ)」は、視聴者の購買行動を基点に最適な番組へ広告自動配信を実現する動画広告商品「ABEMA Ads プログラムマッチ」の提供を開始いたしました。

近年、デジタルマーケティングにおいては、トラッキングを目的としたCookieへの利用制限などの影響により、新しい技術や手法を活用した広告、効果測定などの開発の必要性が高まっております。このような背景のもと、現在「ABEMA」では、広告効果の最大化を図るため、膨大な量の番組コンテンツと多様な属性の視聴者というメディア特性を活かし、視聴者の属性や視聴環境、各番組のシーンなどの文脈に合わせて最適な広告を配信するコンテキストターゲティングの開発に注力しております。

このたび、コンテキストターゲティングが可能な広告商品の第一弾として開始した「ABEMA Ads プログラムマッチ」は、番組ごとにおける視聴者の購買行動や属性等の傾向を可視化し、広告主企業の訴求商材に合わせて自動的に番組単位で最適なプランニングと広告配信を行うというものです。本サービスは、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングをはじめとするポイント事業者によるオフライン購買行動データ等を活用した分析支援により、まずは、「食品」「化粧品」「コンビニエンスストア」などの商品・小売カテゴリー単位にて提供いたします。

従来の購買行動ターゲティングは、購買行動が把握できているユーザーに対して広告配信できるメリットがある一方で、データ量が限られるためリーチが広がりにくいという課題がありましたが、「ABEMA Adsプログラムマッチ」では、コンテキストターゲティングを活用し、従来の手法ではリーチしきれない関与度の高いユーザーへのリーチ拡大も可能です。そのため、オーディエンスターゲティングの利点であるターゲットユーザーへの効率的なリーチに加え、ユーザーへのリーチの最大化を実現いたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加