ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.10

博報堂DYHD、博報堂プロダクツ元社員の不正によって約27.1億円の損失を計上へ

博報堂プロダクツ

博報堂DYHDは、連結子会社の博報堂プロダクツ元社員による不正が発覚し、それにともない発生した損失の計上を行ったことを発表しました。

博報堂プロダクツ元社員(2021 年 1 月 29 日付懲戒解雇)は、2016 年からの 4 年間にわたって同社名を騙って金券及び商品券の発注を行い、入手した金券及び商品券を現金に換金し、当該発注の代金を支払うために金券及び商品券の発注と現金への換金を繰り返していました。また、換金により得た現金の一部を元社員が個人的に使用していました。

当該発注は、同社の業務とは関わりのない、元社員による不正な詐欺行為ないし背任行為ではありますが、民法の表見代理または使用者責任に基づき、同社としての発注先への支払い義務があることが顧問弁護士への相談等により確認されたため、同社にて金券及び商品券発注先に対する未払い分の支払いを行うことといたしました。

この結果、当社グループの損失額の合計は約 27 億 10 百万円となり、2021 年 3 月期第 3 四半期連結決算において同額を特別損失として計上することになりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加