ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.4.8

Magnite、シンガポールの新データセンターに投資

magnite

Magniteは、3月23日、シンガポールに最新かつ最先端なデータセンターの設置を発表しました。新データセンターは、アジア太平洋地域(APAC)の中心に置き、Magniteが扱う全種類のメディアの拠点が統合されます。今回の投資は、APACのデジタル広告サービスの急速な成長を支援するとともに、コネクテッドTV (CTV) やオムニチャネル分野におけるデジタル広告でのMagniteの世界的リーダーシップ強化を目指すものです。

Magna Globalによると、APACのデジタル広告消費は、今後13% 成長し、114億米ドルにおよぶ( https://www.marketing-interactive.com/apac-ad-market-to-rebound-by-11-in-2021-driven-by-paid-search )とされ、Magniteのアジア地域における技術的インフラが今回の投資により最適化されることとなります。シンガポールに MagniteのDV+とCTVプラットフォームを共存させることにより、Magniteの運営を標準化し、バイヤーとパブリッシャー双方に最大限の効率を提供できることとなります。また、今回の投資により、Magniteは増加するトラフィックのサポートに必要な技術も提供できる見込みです。

シンガポールに大規模統合データセンターを設置することで、Magniteでは、インドからオーストラリア、また日本に至るまで、APAC全域のクライアントに対し、より良いサービスを提供することが可能となります。パブリッシャーは、より優れたパフォーマンスと新たなマネタイズ機会、またインベントリ容量の増加が期待できます。またバイヤーは、キャンペーンのパフォーマンス向上と新規サプライへのアクセス増加が見込まれます。

Magniteの最高技術責任者 (CTO)のTom Kershawは、次のように述べています。「当社がAPAC に技術的インフラを整えることで、お客様により優れたサービスを提供し、より良いパフォーマンスを実現し、競争優位におけるメリットを獲得することができます。当社のオムニチャネルプラットフォームを統合・標準化することで、より俊敏でプロアクティブ、効率的な運営が可能となります。業界のニーズに伴って当社の技術も発展を続ける必要があり、当社は事業拡大に合わせてリアルタイムでインフラを拡張するための柔軟性を手に入れました。」

MagniteのAPAC地域責任者を務めるJuliette Steadは、次のように述べています。「当社ではAPAC全域での継続的な成長を期待しており、お客様の利益のためにこの地域に投資することの重要性を認識しています。当社に見合った大規模な投資を行うことで、いつでも変化に対応できる環境を整えることができました。また当社では、ライブストリーミングを含むCTVのサポートを強化するため、シンガポールでAWSインフラの構築も行っています。今まで以上に業界で最も大きな成長が見込まれるこの分野の最前線に立ち、それらの展開に対応できるよう、これまでよりも一層、インフラを整備していきます。」

Magniteの日本のカントリーマネージャーを務めるShien Zhu(シエン・ズゥー)は、次のように述べています。「APACの新データセンターの設置は、Magniteのプラットフォーム上でのインベントリの拡大とデマンドとのつながりをより円滑にするものです。容量拡大と地理的に近いという重要なメリットにより、パブリッシャーの信頼を得ることができ、日本国内のDSPを含むお客様とより緊密に連携する機会となるでしょう。拡大するサプライ量と共に、世界や日本からの強力なデマンドの流入を円滑化することができます。」
い。

Magniteについて

Magnite(NASDAQ: MGNI) は、世界最大の独立系セルサイド広告プラットフォームです。パブリッシャーはMagniteの技術を活用して、デスクトップやモバイル、オーディオや CTV といったあらゆるフォーマットのコンテンツを収益化できます。Magniteのプラットフォームは、ブランドの価値を守る質の高い広告インベントリと、月間何十億もの広告トランザクションに対応し、世界有数の企業やブランドから信頼を得ています。オフィスは、陽気なカリフォルニア州ロサンゼルス、活気に満ちたニューヨーク、歴史の街ロンドン、南半球オーストラリアのシドニーなど、北米、欧州、中東、アフリカ、中南米、アジア太平洋全域に置いています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加