ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.4.13

アドビの日本法人、新社長に神谷知信氏が就任

アドビは、4月12日付けで、神谷 知信(かみや とものぶ)氏が代表取締役社長に就任したことを発表いたしました。これに伴い、これまで代表取締役社長を務めておりましたジェームズ マクリディ氏は退任となりました。

神谷はこれまで、アドビのデジタルメディア事業統括本部バイスプレジデントとして、Creative Cloud及びDocument Cloudからなるデジタルメディア事業の製品及び販売戦略を含む事業全体を統括しておりました。また、2014 年 10 月入社以来、アドビが自ら推進してきたデスクトップからクラウド、サブスクリプション化へとデジタルトランスフォーメーションをリードしてまいりました。今後はデジタルメディア事業に加え、アドビのデジタルエクスペリエンス事業を含めたすべての国内のビジネスおよび組織を統括いたします。これにより、アドビが提供するExperience Cloud、Creative Cloud、Document Cloudの3つのクラウドビジネスの包括的な推進、加えてOEM事業を更に強化してまいります。

アドビの会長兼社長兼CEO(最高経営責任者) シャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)は次のように述べています。
「神谷はアドビに入社してから6年あまり、デジタルメディア事業の継続的な成長に大きく貢献してきました。今回の社長就任により、アドビのイノベーションと顧客体験中心主義をさらに推し進め、日本市場でのビジネスの発展を牽引してくれることを期待しています。」

神谷知信

神谷は代表取締役社長就任にあたり、次のように述べています。
「日本は現在、少子化、国際競争力の低下、AI化に加え、長期化する新型コロナウイルスの影響により、まさに大きな変革期を迎えています。アドビはこのような時代を支えるデジタルトランスフォーメーションのリーダー企業として、社会そしてコミュニティに大きな貢献ができると確信しています。さらに、アドビのビジネスの核ともいえる『クリエイティビティ(創造性)』は、これからの日本にとって重要な役割を担えると考えています。今後ともアドビ社員がチーム一丸となって、日本のお客様に優れたサービスとソリューションを提供することで、さらなるビジネスの成長を推し進めてまいります。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加