ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.5.10

ブライトコーブ、中規模イベント向けオンラインイベントソリューション「Virtual Events for Business」の提供開始

ブライトコーブ

ブライトコーブは、企業内の中規模イベント向けオンラインイベントソリューション「Virtual Events for Business」の提供開始を発表しました。

「Virtual Events for Business」は、企業内で開催されるイベントの数が急速に増加している中で、簡単にサービスを提供できるように設計された、オンラインイベントの作成、マーケティング、配信の機能を備えたプラットフォームです。カスタマイズ可能なテンプレート、コールトゥアクション(CTA)、イベント後のアーカイブ配信、マルチデバイス対応、参加者との双方向コミュニケーション機能に加え、イベント動画をクリップし複数のSNSにシェアできるクリッピング機能を備えています。また、Web会議システム「Zoom」、「Microsoft Teams」との連携機能、イベントマネジメントソフトウェア「Cvent」用の登録コネクター、ユーザーエンゲージメント分析機能が搭載されています。
オンラインイベント市場は、マーケティング担当者や広報担当者、人事担当者がオーディエンスとのつながりを重視する中で、今後も成長を続けていくでしょう。

eMarketer社による調査「The Rise of Virtual Business Events」では、「ほとんどのB2Bマーケターがオンラインイベントに軸足を移したとき、デジタルプロダクションの実行に必要なツール、テクノロジー、人材、インフラへの投資が増加した」と記載されています。また、グランドビューリサーチ社の推計によると、「2030年までに世界のオンラインイベント市場は、2019年の780億ドルから7740億ドルへと約10倍に成長する。」と述べられています。

パンデミックは、あらゆる形態のイベントを加速させ、混乱させるものでした。企業のオンラインイベントは、来場者数やリーチ数の増加、恒久的に再利用が出来るコンテンツのビジネス上のメリットにより、ROIの向上につながっています。これは、コロナ禍以降も、コミュニケーションやマーケティング戦略において、オンラインイベントが重要な役割を果たすことを示しています。
ブライトコーブのCMOであるジェニファー・グリフィン・スミスは、次のように述べています。

「受賞歴のある弊社の技術を、継続的なオンラインエンゲージメント戦略として企業に提供できることを、マーケターとして大変嬉しく思います。フランチャイズ加盟店への研修・トレーニング、インターナルコミュニケーション、新規リードの獲得、重要顧客とのエグゼクティブブリーフィングなど、どのようなシチュエーションでも、企業は定期的に、グローバルなリーチを最大限に活用できるソリューションを必要としています。

「Virtual Events for Business」により、企業は視聴者の体験を犠牲にすることなく、信頼性と安全性の高い優れたオンラインイベントを視聴者に提供することができます。」
「Virtual Events for Business」は新規顧客向けには年間サブスクリプションサービスとして、または既存顧客向けにはプラットフォームの追加オプションとして提供されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加