ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.8.4

プログラマティックDOOHのHivestack、元LIVE BOARDの神内一郎氏が日本法人社長に就任

Hivestack

カナダ発のプログラマティックデジタルOOH(DOOH)事業社であるHivestackは、神内一郎をHivestack Japanの社長に任命したことを発表しました。神内は、日本におけるHivestackプラットフォームの地域戦略、ディレクション、展開を主導します。

「神内一郎氏をHivestackの一員に迎えることができ、大変嬉しく思います」と、Hivestackの最高経営責任者であるAndreas Soupliotis(アンドレアス・スウプリオティス)はコメントしました。「神内さんは、日本におけるプログラマティックDOOHの先駆者として広く知られています。彼のビジョンは、NTTドコモと電通の合弁会社であり、日本で初めてプログラマティック取引可能なDOOHを日本で提供するLIVE BOARDの創設に貢献しました。30年近く上級職として電通の業務に携わってきた神内さんは、Hivestack Japanのデマンド側を牽引し、LIVE BOARDとのパートナーシップを強化することのできる理想的な立ち位置にあります。」

日本は世界第3位のOOH市場。電通、博報堂、ADKなどの世界最大級の広告会社と、トヨタ、ユニクロ、ソニーといった世界的に有名な広告主の本拠地でもあります。また、日本では国内の有力アドテク企業が大きなシェアを持っているため、HivetstackはLogicad、BRAND VIEW ADS、Portoといった日本のオムニチャネルDSPと緊密に連携してきました。さらに、Hivestackは日本のすべての主要地域においてDOOHの在庫を保有し、月間80億を超えるインプレッションを提供。急速な成長を遂げています。

神内はHivestack Japanの社長就任にあたり、次のようにコメントしています。「Hivestackの進化のスピード、卓越したプラットフォームやカスタマーサービス、そして妥協を許さぬ姿勢を間近で見てきました。Hivestackが広告主や広告会社に提供している、優れたターゲティング機能やオーディエンスを中心としたアプローチにOOH広告の未来があると信じています。日本の広告主、広告会社、LIVE BOARDと協力しながら、プログラマティックDOOHを新たな高みへと引き上げたいと考えています。」

神内はさらに、日本のDOOHにおける「アウトサイドイン」(海外から日本の媒体を直接取引)の機会について、次のようにコメントしています。「Hivestackの北アジア責任者のTroy Yang(トロイ・ヤン)や、Hivestackの最高収益責任者(CRO)のNigel Clarkson(ナイジェル・クラークソン)と緊密に連携をとり、海外の広告主が直接日本のOOHを取引する機会も拡大したいと思っています。日本において、プログラマティックによるアウトサイドイン取引は既に現実のものとなっており、今後数年で大きく成長し、日本のDOOH媒体社に新たな収益をもたらすものと信じています。」

神内一郎は、NTTドコモと電通の合弁会社として設立された、日本初のインプレッションベースによるDOOHを実現したLIVE BOARDの元最高経営責任者です。約30年間、日本、中国、シンガポールにおいて電通のさまざまな上級職を歴任してきた彼は、広告ビジネスの変革に自身のキャリアを捧げてきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加