ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.9.15

LIVE BOARD、Hivestackを通してGoogleのDSP「ディスプレイ&ビデオ360」からアクセス可能に

LIVE BOARDは、Google Marketing Platformの中で、広告配信に関する機能「ディスプレイ&ビデオ360(以下、DV360)」と、「LIVE BOARDマーケットプレイス」のSSPを接続し、Hivestackとのグローバルパートナーシップを通して、LIVE BOARDのデジタルOOH※1(以下、DOOH)へアクセスが可能になったことを発表いたします。これにより国内外の広告主が、DV360を通じて、日本の主要な繁華街、幹線道路沿い交差点、駅・電車内などのDOOHの広告在庫をプログラマティック※2に買い付けしやすくなることを目指します。

※1 Digital Out of Homeの略。交通広告、屋外広告、商業施設などに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体
※2 DOOH(Digital Out of Home)をネットワーク化し、取引や配信を柔軟に行い、広告の枠・指標・配信が一括管理できる仕組み(=プログラマティックDOOH)

_prw_PI1lg_4of42Vnf

 LIVE BOARDは、NTTドコモのデータを活用し、広告1配信ごとの視認者数や属性データを把握できるようにし、広告主がデータドリブンな意思決定をメディアキャンペーンに適用し、効果的に効果測定ができるように取り組んでいます。また、GoogleのDV360を使用する広告主は、Hivestackを通してLIVE BOARDの在庫にアクセスし、天気や位置情報などのデータを使って広告配信できるため、より効果的かつ効率的にオーディエンスへリーチすることが可能です。日本におけるGoogle、Hivestack 、LIVE BOARDの間での初のプログラマティックDOOHキャンペーンは、実際のパフォーマンスにおいても興味・利用意向のリフト、他の出稿媒体とのクロスメディアにおける相乗効果が確認できました。

 Hivestack Japanの社長である神内一郎は次のようにコメントします。「GoogleがDV360の世界初となるプログラマティック DOOHのテストを日本市場でスタートさせたときから、HivestackはLIVE BOARDとともに市場導入に向けて全面的にサポートさせていただきました。今回、全世界でのリリースが実現したこと、そしてHivestackもそのパートナーに選ばれたことを大変嬉しく思います。プログラマティック DOOH市場はOOH市場全体から見ればまだまだ小さい市場ですが、まさにGoogleがオンライン広告のリーダーとして業界を牽引してきたように、Googleの市場参入によってプログラマティック DOOHの市場も飛躍的に成長することを期待しています」

 LIVE BOARD代表取締役社長 櫻井 順は、「この度、世界のあらゆるリーディングカンパニーで活用されているオムニチャンネルDSP(デマンドサイドプラットフォーム)のDV360とHivestackを通して提携できたことを大変嬉しく思います。歴史的にこれまでのOOHの広告配信における煩雑なプロセスが、今回の提携によりプログラマティックDOOH配信を効率的に実施でき、かつ効果も可視化できるようになることで、国内外の広告主に新たな選択肢を提供できると確信しています」と述べています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加