ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.8.12

プレミアム・プラットフォーム・ジャパン、PLAYと資本・業務提携

PPJ PLAY

プレミアム・プラットフォーム・ジャパンは、動画配信領域でソリューション事業を展開する、株式会社PLAYと資本・業務提携しました。

PLAYは、動画配信マネジメントシステムやソフト、アプリ開発など動画配信領域のソリューション事業や開発を手掛けています。

PPJは、2017年の会社設立の直後からPLAYと取引を開始し、Paraviのシステム開発業務を委託してきました。今回、PLAYの発行済み株式の3.6%を取得し、動画配信のシステム開発・運用に関する分野で業務提携して、協力関係をさらに強化しました。

動画配信業界では、システム開発・運用の人材不足が深刻化しています。今回の提携により、PPJは、PLAYから優秀な人材を安定的に確保して開発・運用体制を一段と強化するとともに、業界から高い評価を受けているPLAYの技術力やノウハウを活用して、Paraviの使いやすさや機能の向上、より安定したサービス提供につなげます。

PPJは、TBSホールディングス、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、電通グループ、博報堂DYメディアパートナーズが共同で2017年7月に設立しました。2018年4月にサービスを開始したParaviは、TBSやテレビ東京、WOWOWのコンテンツを幅広くラインアップし、国内ドラマでは日本最大級のアーカイブ数を持つほか、バラエティやアニメ、スポーツ、ビジネス、映画など、多彩なコンテンツを提供し、多くのお客様にお楽しみいただいています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加