ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.9.16

ADrim、広告表現チェックツール「AD JUDGE」リリース

adjudge

ADrimは、薬機法違反、景表法違反から広告主、広告代理店、メディア・アフィリエイターを守る。即時チェックツール「AD JUDGE(アドジャッチ)」をリリースいたしました。


■AD JUDGE(アドジャッジ)とは
広告上の表現内容において、薬機法、景品表示法の観点から内容チェック(OK/NG判定)及び代替え提案までを即座にチェックできる「広告表現チェックツール」です。
2020年初旬から、まさに薬機法違反、景表法違反の事例が業界界隈を賑わせており、大手広告代理店社員などが逮捕されるなど前代未聞の出来事が多数発生しています。
無意識のうちに法律を違反している事が往々にして起きており、どのような表現が違反なのか判断するというツールとなっております。

■AD JUDGE(アドジャッジ)の機能紹介

-テキストチェック

リスティング広告の原稿や、SNS広告のテキスト原稿などのチェックに利用できます。
商品ランディングページだけではなく、媒体サイドでの広告の表現方法にもチェックが必要です。

-URLチェック

昨今非常に問題になっている記事媒体のチェックや、
自社ランディングページのチェックに対象URLを入力するだけで利用できます。

-画像チェック

 

宣伝バナー、メインビジュアル制作、インフルエンサーのストーリー投稿など、
画像における薬機法・景表法を画像上の文字解析機能を利用し、チェックします。

■開発経緯
今、アフィリエイター(メディア)・広告代理店・広告主の逮捕事案が多発しています。万が一、広告表現の管理を怠った場合、いわゆるデジタルタトゥーとして、その後の会社運営、日常生活に大きく影響を与えます。全く悪意のない場合でも、無意識のうちに法律を違反している事が往々にして起きており、どのような表現が違反なのか処分を受けて初めて理解するというケースを根絶すべく「AD Judge」を立ち上げています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加