ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.11.26

プラットフォーム・ワン、アドベリツールと連携し媒体社のメディア品質向上サポート

P1

プラットフォーム・ワンは、アドベリフィケーション計測ベンダーのIntegral Ad Scienceとオラクルの「Oracle Advertising」の「Oracle Moat」と連携し、媒体社へのソリューション提供を行い、メディア品質の改善・向上に取り組んでいます。

昨今、運用型広告においては、配信された広告の視認性(ビューアビリティ)、ブランド毀損につながるコンテンツへの配信防止 (ブランドセーフティ)、ボットのような不正トラフィック(アドフラウド)への対応といった観点の「アドベリフィケーション」が重視されています。近時、この要請に対し、 広告主、代理店及び DSP 等(以下 広告主等 )ではアドベリフィケーションツールを導入し、配信先を制限する等対応が進んでいますが、媒体社側でもアドベリフィケーションに早急に対応していくことが求められています。このことは、JICDAQ 宣言(※1)をはじめとして、プログラマティック取引におけるブランドセーフティやアドフラウド対応が重要視されるようになったことからも伺うことができます。

P1ではアドベリフィケーションツールのご提案を通じ、株式会社レコオーランドならびに株式会社毎日新聞社へ IAS、Oracle Advertising をご提供できることとなりました。今後も媒体社のみなさまの求めるソリューションをご提供し、これらの計測結果に基づいたコンサルティングや PMP への積極的な活用を進めることで、媒体社の収益最大化をサポートして参ります。

以下、各社からのコメントです。
株式会社レコオーランド 取締役 COO 座間康平氏
ファッションメディア FASHIONSNAP.COM を 2007 年から運営しているレコオーランドでは媒体スタート以来、ユーザーそして広告主の皆様にとって良質な広告体験を提供させて頂いております。この度、より安全かつ透明性のある媒体を目標とし、IAS 様、P1 様とお取り組みを進めさせて頂いております。サードパーティクッキーに依存しない媒体として、広告枠の質向上は急務と感じておりアドフラウド対策、ビューアビリティ改善施策に対応して参りました。純広メニューおよび PMP でのディスプレイ広告についてより安心して出稿できる媒体を目指していきたいと思っています。

毎日新聞社 東京営業本部長 小野剛氏
弊社は、健全な広告環境を実現するメディアとしての責任を果たすため Oracle Advertising を導入いたしました。ブランドセーフティの担保や無効トラフィックの排除など、デジタル広告の諸課題に対する取り組みの透明性を高め、広告業界の一員としてデジタル広告の発展に貢献してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加