ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.14

大広が出資する中国SNSメディア運営の科瑞奈、朝日放送グループホールディングスと資本業務提携

大広は、ワンドットと、両社の中国子会社を通じて設立した、合弁会社「科瑞奈(上海)文化科技有限公司/Caravana Inc.(カラバナ)」(本社:中国上海市、総経理:矢間之久、以下「科瑞奈」)と朝日放送グループホールディングス株式会社が、出資を含む資本業務提携に係る契約を締結することについて合意しました。

資本業務提携の内容

朝日放送グループHDは、2022年1月に実施する予定の科瑞奈の第三者割当増資を引き受け、出資する予定です。
出資後の持株比率は以下のようになります。
大広(中国)広告有限公司71.25%、朝日放送グループHD 25.00%、上海万粒網絡科技有限公司3.75%
科瑞奈と朝日放送グループHDの間で、「LadyX」配信用情報・動画コンテンツの共同企画開発・制作、越境EC支援サービスを主とした日本企業・ブランドとのネットワーク構築、エイジングケア分野を主とした中国市場向け新規商品・サービスの共同開発等の取組強化に合意しております。

資本業務提携の背景

科瑞奈が中国において運営するSNSメディア「LadyX」は、中国の大都市圏に住む20代〜40代の女性をメインターゲットとし、日本発のフィットネスや健康食、スキンケア、カルチャーなどの美容健康に関わる多様なコンテンツを制作・配信するサービスとして、2021年4月に中国大手SNS上でサービスを開始しました。その後、約8ヶ月で合計210万ユーザーを突破し、月間の動画再生回数は1億回を超えています。中国における美容健康意識の高まりとエイジングケア関連市場の拡大に伴い、「LadyX」ではライブコマースや動画タイアップによる日本ブランド・商品の中国向け販売を本格的に推進しています。
一方、朝日放送グループHDは、中期経営戦略において、放送事業・コンテンツ事業・ライフスタイル事業の3つの事業領域を強化して拡大することを目指されております。科瑞奈との資本業務提携により、多様なメディアに対応しマネタイズに寄与するコンテンツの展開と、Eコマース事業を始めとする新たな事業領域の拡大・強化に資するとの判断をいただきました。
中国の2020年のEC小売額は前年比10.6%増の11兆7,601億元(約200兆円、1元=約17円)に達し、世界最大のEC市場である中国に向けて商品、ブランドを展開する日本企業が増加しています。
この度の提携を通じて、大広及び科瑞奈は朝日放送グループHDと共に、日本地域のブランド・商品の持続的なグローバル展開、日本産業の経済的発展に貢献してまいります。

大広 朝日放送

SNSメディア「LadyX」の概要

 中国の⼥性がいつまでもきれいでいられるよう、⼼と体を健やかに保つことを応援する女性の一生に寄り添う美容健康SNSメディア。
 「LadyX」は、中国の一級・二級都市(大都市圏)に住む25〜40歳の女性をメインターゲットとし、フィットネスや健康食、スキンケア、カルチャーなどの美容健康に関わる多様なコンテンツを制作・配信するサービスとして、2021年4月に中国でサービスを開始後、約8ヶ月で、複数の中国大手SNS上で合計210万ユーザーを突破しました。中でも抖音(中国版Tiktok)では180万ユーザー超を獲得しています。今後、「LadyX」の本格的な拡大とともに、抖音(中国Tiktok)でのライブコマースや動画タイアップによる日本企業の中国向け販売・マーケティング支援サービス、新たな消費者トレンドや、ライブコマースなどの先端的なプロモーション支援を行って参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加