ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.18

セプテーニ、ポストCookieの計測基盤ソリューション 「Precog Base」を提供開始

セプテーニ

セプテーニは、ポストCookie時代に向けた新計測基盤ソリューション「Precog Base(プリコグベース)」の提供を開始いたしました。

 デジタルマーケティング領域において、Cookieは広告の配信や成果の計測などに利用され、重要な役割を果たしてきました。
 一方、世界的にデータプライバシーの重要性が高まり、Cookie規制の動きが広がっています。海外では「GDPR(EU一般データ保護規則)」や「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」が定められ、SafariやGoogle Chromeなどのブラウザが仕様変更を発表しています。また日本でもCookieの取り扱いに関する規制強化は議論されており、2022年4月の改正個人情報保護法の施行を控えています。こうした潮流もあり、企業においてもより一層データプライバシーを尊重し、個人情報を適切に取得・管理した上でデジタルマーケティングを行うことが重要になっています。

 セプテーニはこれらの社会的背景の変化に対応するべく、ポストCookie時代に向け、ウェブサイト上の行動データやフォーム入力情報等を、クラウドサーバー環境で連携処理することで、データプライバシーに配慮しつつブラウザのCookieに依存しない新しい計測基盤を構築するソリューション「Precog Base」を開発しました。

 セプテーニでは2018年6月より、機械学習を活用して、事業KPIに応じたユーザーアクションを予測するモデルを構築し、その予測スコアを各広告配信プラットフォームに連携することで、広告運用に活かすソリューション「Precog」を提供してまいりました。この度の「Precog Base」は「Precog」の各広告配信プラットフォームに予測スコアを連携する機能にフォーカスし、ユーザーアクションをもとに計測基盤としての機能を拡充することで開発しました。

 「Precog Base」は、各広告配信プラットフォームが提供する計測補完の実装方法を広告主企業の目的に合わせてプランニングし、最適な方法で計測基盤を構築、一元管理することが可能です。
 「Precog Base」では現在、Google社が提供するGoogle Tag Managerを利用しウェブサイト上の行動データをクラウドサーバー環境で処理するServer-Side Tagging、フォーム入力情報をもとに計測するenhanced conversions、オフラインで発生したコンバージョンイベントを連携するOffline Conversion Import、およびMeta社が提供するConversion API等に対応実績があり、今後他プラットフォームの計測方法にも随時対応を行ってまいります。

 クラウドサーバー環境については、セプテーニではこれまでGoogle Cloud*やTreasure Dataの公式パートナーとして認定されており、広告主企業が保有する環境下に構築が可能です。
 また、個人情報の適切な取得・管理が求められている背景を踏まえて、広告主企業におけるユーザーの同意取得・管理や、同意取得を行うためのツールであるCMP(コンセント・マネジメント・プラットフォーム)との接続までの一連の流れをサポートいたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加