ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.1.19

サイバーエージェント、国内動画広告の市場調査を発表~2021年の動画広告市場は4,195億円~

サイバーエージェントは動画広告に特化した研究機関であるオンラインビデオ総研(※1)においてデジタルインファクトと共同で、国内動画広告の市場動向調査を行いました。

本調査では、インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額を推計し市場規模予測を算出しております(※2)。
今回で8回目となる国内の動画広告市場の調査結果は以下のとおりです。

■2021年動画広告市場の背景
■動画広告市場推計(広告商品別)2020年-2025年
■ 動画広告市場の今後の見解

2021年 動画広告市場の背景

新型コロナウイルス感染症拡大は継続する環境にあるも、国内経済は2020年後半以降回復基調がみられており、広告市場もまた昨年の落ち込みから反転し、堅調に推移しました。
またコロナ禍を機に進んだユーザー消費行動の変化や行政サービス、あらゆる産業におけるデジタル化、DXの流れを受け、インターネット広告市場は高い水準の成長を遂げました。

インターネット広告市場において、広告主とユーザーとのコミュニケーションの起点となる広告フォーマットは、テキストや画像よりも情報量が多く表現力が豊かな動画へと移行が進んでおります。
コロナ禍で定着した、世代を問わないユーザーの動画コンテンツ視聴の増加とともに、大手動画広告媒体のユーザー数も大きく伸長し、広告主企業にとって動画媒体の魅力がますます高まりました。
広告主企業は、広告予算全体におけるデジタルシフトが引き続き加速しており、動画コミュニケーションに対する投資は引き続き積極的に進められました。

これらを背景に、2021年の動画広告市場は、昨年を大きく上回る高い水準で成長を遂げました。

動画広告市場推計・予測 (広告商品別)2020年-2025年

2021年の動画広告市場は、昨年対比142.3%となる4,205億円に達する見通し。
2022年には5,497億円、2025年には1兆465億円に達する見込み。

動画広告市場

2021年の動画広告市場では、大手動画配信サービスにおけるインストリーム動画広告を中心に需要が大きく増加しました。音楽、スポーツ、芸能などのエンターテインメントをはじめ、様々な魅力的なコンテンツの間に、業種や規模の大小を問わず多くの広告主やブランドが、大手動画配信サービスに動画広告を出稿する動きがみられました。

放送局系列の動画配信サイトにおいては、テレビ放送番組との同時配信も開始されるなど、コンテンツの拡充やユーザーにとって利便性向上につながる取り組みが進みつつあります。

また、ソーシャルメディアにおいては、動画から商品購買までに対応する機能の強化が進められており、これに対応した魅力的なフォーマットの開発が進められている動画広告がもつ役割はますます重視されていくことが見込まれます。

ユーザーにとって、スマートフォン、PC、コネクテッドテレビを通したシームレスな動画視聴が当たり前の行動として定着しており、広告主企業においても、これらに対応するとともに、動画広告の活用の幅をさらに広げる傾向が見られております。
これらを背景に、2021年の動画広告市場規模は、昨年対比142.3%となる4,205億円と高い成長を遂げたことが推測されます。

動画広告市場は今後もインターネット広告市場全体の水準を上回る高い成長率で推移することが予想され、2022年には5,497億円、2025年には1兆465億円に達すると予想されます。

動画広告市場の課題・今後

動画広告媒体をはじめ、ユーザーが動画広告に接する端末や場所、場面も多種多様になり、広告主はそれぞれに合った広告表現によるコミュニケーションがますます求められるようになっております。

洗練された動画広告クリエイティブの開発・提供が進み、ユーザーのプライバシー配慮を前提に、個人、場所、場面に応じた適切なコミュニケーションが実現することにより、動画広告市場は引き続き高い水準の成長を継続することが予想されます。

当社は今後も動画広告市場の発展に寄与すべく、企業のプロモーションにおける問題解決や広告効果の向上に努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加