ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.2.3

The Trade Desk、「GYAO!」のプレミアムインストリーム動画広告在庫を提供

gyao trade
The Trade Deskは、GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する無料動画配信サービス「GYAO!」(以下GYAO!)の広告在庫へのプログラマティック広告配信が第3者SSPを通じてスマートフォンアプリなどを含むOTT(オーバーザトップ)上で提供可能になったことを発表しました。これにより、国内外の広告主は、The Trade Deskのプラットフォームを通じて、これまで以上に、日本におけるプレミアムなインストリーム動画広告の在庫をプログラマティックに買い付けしやすくなります。尚、今後はコネクテッドTV(CTV)での配信も可能になる予定です。

プログラマティック広告とは、広告枠をデータに基づいてリアルタイムで自動的に買い付ける仕組みであり、The Trade Deskはプログラマティック広告の配信プラットフォームを提供しています。「GYAO!」は、株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する無料動画配信サービスで、映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティーなど、多様なジャンルの動画を会員登録不要で、楽しむことができます。「GYAO!」ではユーザーの広告の視聴完了率は高い水準のため、広告主は特にブランディング施策において効果的に広告配信が可能です。

株式会社GYAOの代表取締役社長の田中 祐介氏は、「弊社動画配信サービスのユーザーが増加していく中で、今回独立系グローバルDSP(デマンドサイドプラットフォーム)であるThe Trade Deskを通して当社のインストリーム広告在庫を提供させていただくことを大変嬉しく思います。これにより、国内だけではなく海外のブランド企業に対して選択肢を提供させていただき、今後さらに拡大が見込まれる日本のOTT・CTV市場の成長を牽引していきます」と述べています。

The Trade Deskの日本担当ゼネラル・マネージャーの馬嶋 慶は、「The Trade Deskはこれまでインストリーム動画の広告在庫の拡充に注力しており、この度『GYAO!』の広告在庫へのアクセスを広告主に提供できることを大変嬉しく思います。ターゲットオーディエンスにリーチしていくためにマーケターは日々新たな方法へ投資していく中で、急成長している日本のOTT・CTV市場はこれから更に重要なチャネルになると確信しています。今回の『GYAO!』との連携を通して、日本におけるOTT・CTV配信においてデータを活用したマーケティングのあらゆる恩恵を受ける機会を広告主に提供できることを嬉しく思います」と述べています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加