ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.3.30

「Snapchat」のSnap 、日本法人オフィスを設立

snap

「Snapchat」を提供するSnap は、日本での成長を一層強化するために、日本で最初のオフィスを設立したことを発表しました。新オフィスは、若者文化とクリエイティビティの中心である、東京・原宿に誕生しました。

Snap日本代表の長谷川倫也氏は、これまで日本における様々なグローバルブランドの立ち上げと成長を支えて きました。彼の経験を活かし、Snapchat はユーザーやクリエイターのコミュニティ構築、戦略的パートナ ーシップの拡大、日本国内のニーズに沿ったプロダクト強化に積極的に取り組んでいます。また、日本のユ ーザーにとって最高の体験を提供できるよう、国内のチームを拡大しています。

世界の Snapchat コミュニティには 3 億 1900 万人のユーザーがおり、日々大きく成長しています。Snapchat は、気軽で楽しいコミュニケーションを追求し、従来の SNS とは大きく異なるよう意図的にデザインされています。アプリを開くとまずカメラが立ち上がり、撮影後に送信先を選ぶことで、飾らない本来 の自分とその日常を、素早く気軽に、シェアしたい人とだけシェアすることを可能としています。Snapchat は、違う誰かを演じなければいけない、映えなければいけない、完璧でなければいけない…というプレッシ ャーから、ユーザーを解放します。また Snapchat は、今では一般的となった「一定時間後に自動的に消える」という、プライバシーに配慮した投稿の発明者です。今後もプライバシーは、Snapchat コミュニティの中核に位置します。

2022 年は日本で多くの施策を予定しており、日本独自のコンテンツやクリエイティブなツールが続々と提供されます。日本の若者をターゲットに、数千人に及ぶ大学・専門学校の生徒と連携し、Snapが無料提供する AR 制作デスクトップアプリ、「Lens Studio」によって作られたレンズをお届けする予定です。

学生との連携に加えて、Snapは国内のインフルエンサーを支援することにも注力していきます。今年はすでに7 人(中里真哉斗、千葉祐夕、森長一誠、里吉峻、永島歩花、三野宮鈴、粕谷音)を「Snap Star」として認定していますが、今後も国内のSnap Starを発掘していく予定です。

日本での成長には、日本の文化に根付いた活動が不可欠です。Snap Japanは、日本文化をARで祝い、日本らしいレンズの開発を行います。日本のアニメにインスパイアされた、「Anime Style」レンズは2020年にリリースされ、世界中で人気を集めました。

Snap 日本代表 長谷川倫也氏のコメント
「Snapの日本オフィスを設立することができ、とても興奮しています。私たちは、返信のプレッシャーから解放された、自分が一番自分らしくいられるコミュニケーションツールを、皆様に提供したいと考えています。過去数ヶ月でとても強い勢いが見られており、今後の成長が楽しみでなりません。」

Snapchat は、人々が自分自身を表現し、その瞬間を生き、世界について学び、ともに楽しむことができるカメラアプリです。Snapのカメラは、ビジュアルコミュニケーション、自己表現、ストーリーテリングを通 じて、真の友情をサポートします。

長谷川倫也 略歴
ソニー株式会社でソフトウェアエンジニアとしてキャリアをスタート。
2013年にアマゾンジャパン入社。日本におけるビデオサービス(現プライム・ビデオ)の立ち上げメンバーとして、コンテンツ・オペレーションを統括、その後、モバイル・ショッピングのプロダクト・マネージャーを歴任。2017年にフェイスブックジャパン入社。グロース責任者として、フェイスブック、インスタグラムの成長を推進。2021年8月より現職。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加