ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.5.12

シスコとLIVE BOARD、屋内デジタルOOHのインプレッション計測モデルを共同開発

シスコ

シスコシステムズ合同会社と株式会社 LIVE BOARDは、シスコのクラウド管理型ITソリューション「Cisco Meraki MR20」によって取得するWi-FiプローブデータとApplication Programming Interface(以下、API※1)を活用し、屋内のデジタルサイネージビジョン(以下、DOOH※2)の広告視認者の計測モデルを共同で開発しました。

これまで屋内DOOHのインプレッション計測においては、カメラを設置することが基本となっていました。屋内用アクセスポイント「Cisco Meraki MR20」を導入してAPIを活用することで、歩行者が所持するスマートフォン等の端末が発するWi-Fiのプローブデータとカメラを基に取得した広告視認者のデータによって、これまで同様のインプレッション計測ができるようになりました。これにより、カメラを屋内DOOHに設置することなく、より安価でシームレスな計測が可能になります。

今後も、シスコとLIVE BOARDは、屋内DOOHのインプレッション計測の拡充に貢献するとともに、DOOHとして活用可能な「シスコスマートサイネージ」とも連携を図りながら、OOH市場の活性化に寄与していきます。

※1 アプリケーションの開発を容易にするためのソフトウェア資源
※2 Digital Out of Homeの略。交通広告、屋外広告、商業施設などに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体


  • このエントリーをはてなブックマークに追加