ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.4.24

Facebook、2015年第1四半期の業績を発表 ―Facebook上で広告展開する企業は200万社を超える―

2015年第1四半期の売上高は35億4,000万ドルとなり、前年同期の25億ドルと比較して42%の増加となりました。広告売上合計は33億 2,000万ドルとなり、前年同期に比べ、46%増加となりました。モバイル端末からの広告収入は、2015年第1四半期広告売上全体の73%を占めています。

Facebookの利用者数とエンゲージメントは引き続き増加
Facebookを毎日利用するデイリーアクティブ利用者(DAUs)は、2015年3月時点で平均9億3,600万人となりました。
モバイル端末からのデイリーアクティブ利用者数(mDAUs)は、2015年3月時点で平均7億 9,800万人となりました。
月間アクティブ利用者数(MAUs)は、2015年3月末時点で14億4,000万人となりました。
モバイル端末からの月間アク ティブ利用者数(mMAUs)は、2015年3月末時点で12億 5,000万人となりました。
モバイル端末からの1日あたりの検索数は、2015年3月時点で10億回を超えました。

マーク・ザッカーバーグは、Facebookが単体のアプリから世界規模で使用されているさまざまなアプリをもつファミリーへと変わりつつあることに触れています。14億人が Facebookの中核のサービスを使用しており、8億人がWhatsAppを、7億人がGroupsを、そして6億人もの人々が Messengerを使用しています。Instagramでは、月間利用者数が3億人に達し、デイリーアクティブ利用者数は2億人を越えています。

<2015年第1四半期の活動におけるハイライト>
より簡単に繋がり、シェアするための手助け
Facebookは、スポーツファンの世界最大のコミュニティで、6億5,000万もの人々がスポーツのページとつながっています。今年のスーパーボールでは、6,500万以上の人々により、2億6,500万以上の交流がFacebook上で行われました。これは、スーパーボールの歴史上、最多の会話となりました。
クリケット・ワール ドカップでは、5,300万以上の人々により7億以上の交流が行われ、Facebookが世界でも幅広く活用されていることがわかります。
動画の勢い
今期は初めて、1日あたり40億以上の動画再生回数を記録しました。いまや8万以上の動画がFacebookから他のウェブサイトへと埋め込まれています。
Facebook傘下のアプリの功績
1日平均450億以上のメッセージが送られています。
今期、人々が世界中で友達に無料で電話をかけられるようにするため、WhatsAppでVoIP電話を開始しました。また、すでに世界中のモバイルVoIP電話の10%以上がMessengerでされています。
Instagramでは、初めて2億以上のデイリーアクティブ利用者数を記録しました。日本、インドネシア、そして韓国におけるInstagramのコミュニティは、前年比100%以上成長しました。人々は、平均して一日に21分間Instagramを利用しています。
長期的な革新的活動
Internet.orgは、引き続き活動を強化しています。現在9カ国、8億以上の人々に無料の基本インターネットサービスを提供し、今期は新たにインド、コロンビア、ガーナ、グアテマラ、そしてフィリピンにも拡大しました。700万以上の人々がInternet.orgにより、初めてインターネットに繋がることができました。

<Facebookが主に注力する4つの分野>
モバイル移行への投資
米国において、モバイル端末からのFacebookとInstagramの利用は、5分間のうち1分以上となっています。
Facebookからこの四半期にマーケター向けの製品を導入しました。
マーケティング担当者は、Facebookの広告マネージャアプリを使って、モバイル端末から広告キャンペーンを管理することが可能になりました。
フィーチャーフォン用のFacebookページ制作ツールが、スマートフォンがまだ普及していない高成長の新興国において、Facebookページ普及の大きなけん引役になっています。
動画
Facebook上での全世界での動画再生数の75%以上は、モバイル端末からです。
Facebook広告を利用する広告主数の増加
2014年の第2四半期において、3千万のFacebookページがビジネス用途に活用されていることを発表しました。
新たな広告主の80%以上が、ページ投稿の宣伝など、Facebook広告の基本ツールから始めています。
マーケティング担当者用に2つのオンライントレーニングプログラムをリリースしました。
大手広告主と代理店向けの「Blueprint」
中小企業向けのノウハウ動画「ガイド」 
この第1四半期において、Facebook上で広告展開する企業は、200万社を超えたことを発表しました。
広告の関連性をより高める製品の構築
シェリル・サンドバーグは、「カスタムオーディエンス」や「コンバージョントラッキング」などのターゲティングツールを活用する広告主が増えていることについて言及しました。ターゲティングツールの活用と新しい広告フォーマットが、広告の関連性をより高めることに寄与しています。 新しい広告フォーマットは以下となります。
ダイナミックプロダクト広告は、異なる広告をを異なるオーディエンスへの展開を可能にします。
Facebook および Instagram上のカルーセル広告は、特定製品の広告展開を可能にします。
マーケティング 担当者が実施したキャンペーンの効果を正確に測定するツールの提供
コンバージョンリフト、Facebook広告が売上の拡大にどのように貢献したかを科学的に測定するツール
アドテクノロジー
Facebookでは、自分たちのアドテクノロジーのプラットフォームに対して投資を続けています。
先月開催した開発者向けカンファレンス「F8」では、LiveRailにおいて、サイトやアプリ、デバイスにわたり、人々が見る広告の関連性を向上する2つの重要な発表をしました。
アプリ内のモバイルディスプレイに拡張したLiveRailの動画広告プラットフォームは、広告主に、デバイスを越えた広告在庫管理をよりよくできるようにします。
LiveRailは広告主に対しFacebookの匿名デモグラフィック情報を提供することで、より関連性の高い広告を人々に届けることが可能になります。

Q1決算情報に関する詳細は、本社IRサイトをご覧ください。(英文のみ)
http://investor.fb.com/eventdetail.cfm?eventid=158508


  • このエントリーをはてなブックマークに追加