ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2015.11.13

VOYAGE GROUP、グループ内のfluctがKauliを吸収合併 ーSSP事業の整理・強化へー

当社グループは、「人を軸にした事業開発会社」として、インターネット領域において様々な事業開発を進め、SSP(注 1)等の広告配信プラットフォームを運営するアドテクノロジー事業と、ポイントサイト「EC ナビ」等のオンラインメディアを運営するメディア事業の 2 つを主力事業として展開しております。当社グループのアドテクノロジー事業では、今後も拡大の予想されるプログラマティック取引(注 2)市場における広告配信プラットフォームでナンバーワンとなることを目指しております。アドテクノロジー事業において、fluct 社は、当社グループのアドテクノロジー事業における重要な子会社として、媒体社にとっての広告収益最大化の支援に取り組み、SSP「fluct」の提供や、「サイト運営者向け Google 認定パートナー」としての「Google AdSense」、「DoubleClick Ad Exchange」の活用等により、現在では 7,000 以上のメディアを支援しております。

また、平成 27 年 4 月にデータマイニングに強みを持った独立系 SSP を提供する Kauli 社を連結子会社化し、国内 SSP 市場におけるナンバーワンのポジションを確固たるものとしてきました。これまでも当社グループ内でのサービス連携やノウハウ共有を進めてまいりましたが、今後、fluct 社及びKauli 社の両子会社が有する経営資源、顧客基盤、プロダクト、システム、データ、ノウハウ等を集約・融合し、より一体的かつ効果的に事業展開していくことが、さらなる事業の発展や顧客満足の向上に繋がると判断し、fluct 社を吸収合併存続会社とし、Kauli 社を吸収合併消滅会社とする、本合併を実施することにいたしました。なお、本合併後も、Kauli 社が提供していた「Kauli SSP」等の全てのサービスは、引き続き fluct 社にて運営してまいります。

(注 1)SSP(Supply Side Platform)とは、媒体社にとっての広告収益の最大化を支援する広告配信プラットフォームのこと。様々なアドネットワーク・DSP・アドエクスチェンジ等と連携し、媒体社にとって最適かつ収益性の高い広告配信を支援する。
(注 2)プログラマティック取引とは、広告枠の買い手である広告主と広告枠の売り手である媒体社が、DSPや SSP 等の広告配信プラットフォームを介して、オンライン上で自動取引する方法のこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加