• 2020/04/22

TikTok Ads、中小企業等でもセルフ配信可能なの「TikTok Adsオンラインアカウント」を開始

TikTok Adsでは、これまで大手企業を対象にオフラインでの契約にて広告主様のアカウントを開設し、広告配信を行ってきましたが、昨年12月、オンラインでアカウント開設から広告配信まで実施できる「TikTok Adsオンラインアカウント」をリリース。試験運用期間を経て、この度、本格的なサービスを開始しました。 「TikTok Adsオンラインアカウント」は、中小・ベンチャー企業、地方企業、中小代理店、中小App Publisher(主にゲームジャンル)などを対象に、すべてセルフでご利用いただけるサービスとなっています。広告配信するクリエイティブ素材についても、オンライン上で簡単に制作できる環境 … Continue Reading →


  • 2020/03/09

fluct、TikTok Adsの「Pangle」と国内初のRTB取引を開始

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 望月 貴晃)は、運営するSSP「fluct」(https://corp.fluct.jp/service/publisher/ssp/)のスマートフォンアプリ向け動画リワード広告において、TikTok Adsが運営する「Pangle」と、国内で初めてRTBでの取引を開始しました。これにより、SSP「fluct」経由でのスマートフォンアプリ内の動画リワード広告の配信量が拡充され、SSP「fluct」提携メディアは、さらなる収益拡大を図ることができます。


  • 2019/12/18

ヒトクセ、アンビエントデータプラットフォーム「FIT AD」はTikTok Adsとの接続を完了

株式会社ヒトクセ(本社:東京都新宿区、代表取締役 宮崎航)と株式会社クラフター(本社:東京都港区、代表取締役社長 共同CEO 古田彰一)が提供する国内最大規模のアンビエントデータシステム「FITAD」は、2019年12月18日にTikTok Adsとの接続が完了しました。



  • 2019/10/30

DACのDMP「AudienceOne®」、「TikTok Ads」と連携

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)は、自社で開発・提供するDMP「AudienceOne®」(※1)において、「TikTok Ads」と連携を開始しました。これにより企業は、「TikTok Ads」での広告配信に際して「AudienceOne®」が持つオーディエンスデータを活用し、ターゲットユーザーにあわせた細やかなコミュニケーション施策を実施することが可能になります。


  • 2019/01/21

TikTok運営のByteDance、広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」として全面リニューアル 〜TikTokとBuzzVideoにターゲティング広告可能に〜

ByteDanceは、広告配信プラットフォームを一新し、新たに「TikTok Ads(https://ads.tiktok.com)」として1月9日にリニューアルいたしました。TikTok Adsは、広告の配信目的やターゲティングに合わせて最適化をかけ、TikTokとBuzzVideoに広告を配信するサービスです。