このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.11.23

アドウェイズ、株式会社博報堂DYメディアパートナーズとの資本業務提携

アドウェイズ 博報堂DYMP

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ))及び株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋 弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、本日開催の両社取締役会において、アプリプロモーション領域を中心としたブランド広告主向けインターネット広告事業において連携強化を図り、お互いの企業価値を向上させるため、資本業務提携契約を締結することについて決議いたしました。

本資本業務提携契約の締結に伴い、アドウェイズは、博報堂DYメディアパートナーズを割当予定先とする第三者割当による自己株式の処分を行い、博報堂DYメディアパートナーズは、12月9日付けで当社自己株式2,837,800株(2019年9月30日時点の当社発行済株式総数の6.82%相当)を取得する予定であります。

1. 業務提携の概要

博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所の「メディア定点調査2019」(※1)によると、生活者の1日あたりのメディア接触時間が約412分となっている中、携帯電話/スマートフォン、タブレット端末の接触時間は150分にせまり、35%強を占めると言われております。
スマートフォンを中心とするスマートデバイスの普及による生活者のメディア接触行動の変化は、企業のマーケティングコミュニケーションやプロモーション展開にも大きな影響を及ぼしており、今後、5Gによる通信インフラの発展や各種IOTサービスの拡大により加速するものと予想されます。
さらに昨今の、金融やEコマースや人材マッチングサービスなどの決済サービスや各種会員向けサービスの拡大に伴い、アプリを顧客体験の場として利活用する企業も増えてきており、従来、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのマスメディアを中心にマーケティングを展開していたブランド広告主もスマートフォンを中心とするインターネット広告市場に大きな期待を寄せるようになっております。

急速に拡大するインターネット広告市場の中で、特にアプリのダウンロードやアクティベーションを目的とするアプリプロモーション領域においてアドウェイズ グループでは、全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」、運用型広告総合支援システム「STOROBELIGHTSシリーズ」や動画クリエイティブ大量生成ツール「Dobel」を用い、最適な広告配信を提供してきました。
一方、このような環境の元、これまでも博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂DYグループのメディア・コンテンツビジネスを担い、広告主・媒体社・コンテンツホルダーに対し、最適な課題解決力で、ブランドサービスとメディアサービスを「統合的」に提供しており、多数の広告主企業から幅広い信頼を得てきました。

この度の両社の資本業務提携は、アドウェイズグループのデジタル広告運用力、クリエイティブ力、アドテクノロジー分野における開発力などと、博報堂DYメディアパートナーズおよび博報堂DYグループの保有するメディア・コンテンツホルダーへのネットワーク力や広告主企業に対する提案力などを掛け合わせることにより、広告運用ツールの共同開発、独自広告ソリューションの販売拡充や新規顧客への共同営業など、両社一体となり取り組むことで、強固な業務推進体制を構築するものであります。
この強固な業務推進体制の構築は、広告主企業に対し、今まで以上に最適かつ効果的・効率的な広告機会を提供する事ができ、それが両社の企業価値向上に繋がるものと判断し、アドウェイズと博報堂DYメディアパートナーズは、資本業務提携を行うことといたしました。

※1 博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所「メディア定点調査2019」 2019年5月23日

https://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/05/HDYmpnews20190523.pdf

2. 資本提携の概要

アドウェイズは、自己株式処分により、2019年12月9日を処分期日とし、博報堂DYメディアパートナーズに対して、当社普通株式 2,837,800 株(2019年9月30日時点のアドウェイズ発行済株式総数41,588,500株に対して6.82%、総議決権個数387,450個に対して7.32%)を割り当てる予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加