ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

↑PAGE TOP

  • 2020.4.2

動画広告のTeads、ダイヤモンド社、講談社、日本ビジネスプレス社、プレジデント社、東洋経済新報社とビジネス層向け広告ソリューション『 Teads Business Premium 』を共同発表

Teads

株式会社ダイヤモンド社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田哲哉)、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸)、株式会社日本ビジネスプレス(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅原 聡)、株式会社プレジデント社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 長坂嘉昭)、株式会社東洋経済新報社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 駒橋 憲一)はTeads Japan株式会社(本社・東京都港区、マネージング・ディレクター:今村 幸彦)と、同社の運営するパブリッシャー向けプラットフォームにてビジネス層向けプライベートマーケットプレイス、Teads Business Premium(Teadsビジネスプレミアム)を共同立ち上げしましたことをお知らせいたします。


 Teads Business Premiumは、Teadsのプレミアムパブリッシャーとして参画をしている各メディアのアウトストリーム枠(記事中)へ、Teads inRead®︎広告を配信するものです。
配信先を提携5社のビジネス系メディアとし、Teadsのプラットフォームの強みである高精度予測機能AI (Predictive AI)を通してTeads 1st partyデータを使用した特定ジャンルへの興味関心層向けにターゲティングをすることや、Grapeshot*1)による関連キーワードターゲティング設定も可能です。
今回のTeads Business Premiumプロジェクトでは、的確な環境下でビジネス層へ確実なリーチを広げることにより、提携メディアの広告枠の質確保とパフォーマンスの最大化を目的としています。

※共同リリースのため、重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

提携企業およびメディア一覧(アルファベット順)
株式会社 ダイヤモンド社 / ダイヤモンド・オンライン
株式会社 講談社 / 現代ビジネス
株式会社 日本ビジネスプレス / JBpress
株式会社 プレジデント社 / PRESIDENT Online
株式会社 東洋経済新報社 / 東洋経済オンライン

Teads Business Premiumパッケージ詳細
・インダストリーでも随一のフラウドフリーでブランドセーフなプレイスメント(インリード、記事の中)への広告配信
・Teads Studioの技術を採用し、リッチでインパクトのある広告フォーマット制作
・Teads1st partyデータ(Teads Data Management Platform)による興味関心・デモグラフィックターゲティングが可能
・ブランドリフト調査のオプション利用も提供可能(出稿金額に準ずる)

株式会社ダイヤモンド社 デジタルビジネス局局長 浜辺 雅士氏は次のように述べています。
「近年隆盛の運用型広告市場では、不適切な掲載面に広告が配信されてしまうこと等が問題になっています。 今こそ、ここに集結した媒体の様な伝統的出版社の『取材・執筆・編集』システムを経て生み出される価値の高いコンテンツに付随する広告枠の価値が評価されるべきなのではないでしょうか。今回の枠組みは、信頼できる媒体の広告在庫のみを使いながら、プログラマティックに広告出稿が可能な広告商品となっております。本広告ソリューションが事業会社のマーケティングに役立ち、ひいては企業社会の発展に資する取り組みとなることを願ってやみません」

株式会社講談社 コミュニケーション事業第一部部長 吉田 哲豪氏は次のように述べています。
「弊社では、今回の取組みは、「我々が作り出すコンテンツメディアの価値を更に強化するため」の貴重な機会だと捉えています。プラットフォーマーであるTeads社のテクノロジーと、5社のビジネスメディアの強固なパートナーシップにより、クライアントおよび広告会社の皆様に新しい選択肢を提供できると考えております。「現代ビジネス」も10周年を迎え、社会に、読者に、必要とされるメディアとして成長し続けてまいります。今後の展開に是非、ご注目下さい。」

株式会社日本ビジネスプレス 執行役員 営業本部長 長島 章夫氏は次のように述べています。
「JAA(日本アドバタイザーズ協会)の宣言にもある通り、ブランドセーフティおよびアドフラウド(広告詐欺)の問題は根深く、パブリッシャー側としても真摯に取り組む必要があると考えています。本取り組みではプレミアムパブリッシャーに配信を限定し、更にテクノロジーを活用したアドフラウド対策を講じることで、既存の運用型広告商品の課題に応えられるものと考えております。動画広告のニーズが高まるなか、広告主と読者そしてパブリッシャーの三方にとって価値のある取り組みとなるよう、市場の声に耳を傾けながら、参画各社と密に連携し努力を続けて参りたいと思います」

株式会社プレジデント社 メディア事業本部 本部長 太田 昌宏氏は次のように述べています。
「一口に『ビジネスパーソン』と言っても、世代、役職、業種、そして価値観は様々です。しかしながら、この情報氾濫社会の中で、自分自身の見聞や体験を通して得られる一次情報と信頼のおけるメディア・人のフィルターを通して得られる価値ある二次情報を求める姿は多くの人に共通していると感じます。 今回協業する各社とは、長きに渡り切磋琢磨し、それぞれが個性ある信頼のおけるメディアとして成長してまいりました。 今回の取り組みでは、技術の進化だけでは解決できない信頼という付加価値を提供することができます。それにより、ビジネスメディアの価値をより高め、事業会社の皆様の課題解決の一助になることができればと考えています。」

株式会社東洋経済新報社 常務取締役 田北 浩章氏は次のように述べています。
「弊社の企業理念は、『健全なる経済社会を牽引する』というものです。出版事業であろうとデータ事業、広告事業、すべてこの理念から外れることは許されません。プログラマティック広告とて同様です。理念に反するような広告は掲載できません。その意味では、JAAの宣言は大賛成です。クライアントのブランドに傷がつくようなサイトは許されません。東洋経済オンラインは胸を張ってクライアントの広告を掲載できるサイトだと言えます。動画広告は、ブランド認知とリーチ最大化の有効な手段です。これからの動画広告は、どのように付加価値をつけていけるか、が決め手になると考えています。今回Teads社の技術と、プレミアムコンテンツを有する5社が手を組み、プログラマティックに動画広告が出せるようになるのは、画期的なことだと思っています。アウトストリーム動画広告で圧倒的なシェアを持つTeads社が、ビジネス媒体と協力し動画広告商品を販売することで、動画広告市場が発展し、業界全体を牽引することを願ってやみません。」

Teads Japan株式会社マネージングダイレクター 今村幸彦は次のように述べています。
「昨年の国内メディア別広告費において初めてインターネットがテレビを超え、名実ともに消費者のメディア接触時間はオンラインが主流時代となりました。このメディア環境下において、信頼性の高い情報とはなにか、事実に基づいている情報はどこにあるのかが問われる時代になってきています。この度発表させていただいた国内屈指のプレミアムメディアの皆様とのパートナーシップはまさに時代が求める最先端の取り組みであると確信しております。プレミアムメディアに掲載されるインリード広告がもたらす高い広告価値は、広告主のみなさま、代理店のみなさまにとって必ずご期待に添うものとなることと確信しております。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加