ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2020.4.13

インパクトホールディングス、デジタルサイネージを活用した「コンテンツパワーリサーチ」サービス開始

デジタルサイネージ

インパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067)の子会社で、総合マーケティング・リサーチ事業を展開する株式会社RJCリサーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 守住邦明、以下 「当社」)は、総合マーケティング・リサーチ事業を通じ、生活者と企業を情報で結び、より良い社会環境の創出に取り組んでおります。


この度当社は、当社グループ会社でデジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTVと連携し、顔認識センサーを搭載した小型デジタルサイネージ(PISTA)を用いた、棚前の消費者行動データを収集・分析レポーティングサービスを開始いたしました。新型コロナウイルスの感染拡大防に伴い、販売員と接触のない 「デジタルサイネージ」 を活用したプロモーションが注目を集めています。本調査では、デジタルサイネージで流れている動画がどのように販売促進に寄与しているかを明らかにし、改善点を洗い出すことが可能となります。

「コンテンツパワーリサーチ」とは

「コンテンツパワーリサーチ」 とは、顔認識センサーを搭載した小型デジタルサイネージ(PISTA)を活用し、棚前の消費者行動データを収集・分析。デジタルサイネージで流れている動画の効果検証とともに、店頭マーケティング戦略の基礎データを収集します。

 

◆ 「コンテンツパワーリサーチ」の流れ

◆ 「コンテンツパワーリサーチ」でわかること

◆ ご利用料金(基本3ヶ月)

※ 調査終了後、ご使用いただきましたデジタルサイネージは、通信型デジタルサイネージとして契約開始月から最大6ヶ月までご使用できます。更に6ヶ月以降もオフライン機として使用できます。

◆ レポートイメージ

【分析レポート基礎構成】
1)棚前通行量
2)キャッチ率=視聴数/棚前通行量
3-1)総視聴数・総視聴割合(属性別)
3-2)総視聴数・総視聴割合(曜日別)
4-1)平均視聴数・平均視聴時間(属性別)
4-2)平均視聴数・平均視聴時間(曜日別)
5-1)視聴時間比率(全体)
5-2)視聴時間比率(属性別・女性)
5-3)視聴時間比率(属性別・男性)
6)分析サマリー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加