このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.5.1

【必読】公正取引委員会、デジタル広告の取引実態に関する中間報告書を公表

公正取引委員会によるデジタル広告の取引実態

公正取引委員会は、,デジタル・プラットフォーム事業者の取引実態の把握に努めるため,米英では既に総広告費の約半分を占め,我が国においては,近年,いわゆる「マスコミ4媒体」と呼ばれる伝統的な四大メディア(テレビ,ラジオ,新聞,雑誌)と比肩する程度の規模にまで成長を遂げたデジタル広告に関する取引慣行等につき実態調査を行い、その中間結果を報告書にまとめました。

デジタル広告分野におけるデジタル・プラットフォーム事業者は,掲載メディア(媒体社)と出稿企業(広告主,またその代理店を含む)を対象に、ヒアリングや各種アンケートを通じて報告書は作成されています。デジタル広告の歴史や基礎的な用語の解説も丁寧にされており、基礎知識から最新のトレンド、また公正取引委員会の狙いなども把握することができます。96ページにも及ぶボリュームがありますが、マーケティング領域に関わる方は、必読の報告書になっています。

こちらからPDFが読めます:

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2020/apr/digital/200428betten.pdf




  • このエントリーをはてなブックマークに追加