このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.6.30

GMOプレイアド、「PlayAds byGMO」と「YouTube API」との連携開始

 GMOインターネットグループにおいて動画のマーケティングに特化した事業を展開するGMOプレイアド株式会社(代表取締役社長:冨岡 信之 以下、GMOプレイアド)が提供する、国内初の感情取得技術(※1)を取り入れた動画検証ツール「PlayAds(プレイアズ) byGMO(以下、PlayAds)」(URL:https://www.playads.jp/lp1.html)はこの度、「YouTube API」との連携を開始しました。

 本API連携により、「PlayAds」が強みとする動画広告の感情取得技術を利用した分析に加え、動画投稿サイトYouTube上での動画閲覧者の行動データを掛け合わせた分析を実現します。これにより、公開している動画広告や、過去に利用した動画広告に対する多角的な分析を通じて効果検証が可能となり、より精度の高いPDCAサイクルの確立に役立てることができます。

(※1)現在特許出願中(特許出願番号:2019-212549)となります。

 インターネット利用の目的・用途が多岐に渡る昨今、10代や20代の間では約8割が「動画投稿・共有サイトを利用」しているなど、メディアやウェブサイト上での動画の閲覧は一般的なものとなりました。(※2)さらに、次世代モバイル通信技術「5G」のサービス開始に伴い、今後これまで以上に動画を活用した広告活動が活発化していくことが予測されます。

 こうした中GMOプレイアドは、動画検証ツール「PlayAds」を2020年3月より提供しています。「PlayAds」は、GMOリサーチ株式会社が提供するリサーチパネル「JAPAN Cloud Panel」や、自由にパネルユーザーを登録できる「オリジナルパネル機能」を用いて、動画に関するモニター調査をセグメント別(年齢層や居住地、性別など)に実施し、「動画クリエイティブの評価」に関する精確なデータを取得することができるサービスです。

 GMOプレイアドは「PlayAds」が持つ動画広告による効果測定の精度をより高めるべく、この度、広く認知され利用されている動画投稿サイトYouTubeとのAPI連携を開始することといたしました。

API連携の概要

 「YouTube API」はGoogleが提供しているAPIで、YouTube Studio(※3)アナリティクスで得られるチャンネルや動画のパフォーマンス分析に必要なデータなどを、外部アプリケーション向けに公開しているものです。この「YouTube API」のうち、この度「PlayAds」が連携を開始したのは、「YouTube Data API」と「YouTube Analytics API」の2つです。

 これにより、従来の「PlayAds」のレポーティングと、「YouTube Data API」と「YouTube Analytics API」から取得した、動画の視聴回数や視聴維持数(視聴時間)、時間ごとの視聴率情報など、動画閲覧者の行動データを掛け合わせて確認することができるようになります。「PlayAds」が強みとする感情取得技術を利用した分析とYouTube上での行動データを掛け合わせることで精度の高い分析が可能になるため、より細かな動画広告の効果測定を実現します。

 なお、本機能のご利用にあたって別途費用はかかりませんが、YouTubeチャンネルを登録しているメールアドレスとの連携が必要となります。

GMO

(※2)総務省『令和元年版 情報通信白書』
URL:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/pdf/n3200000.pdf
(※3)YouTube Studioとは、YouTubeチャンネルの管理や分析に関する情報確認などを行うことができるページのこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加