このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.7.28

no plan、ゲーム内の世界に広告を配置できるバーチャルサイネージ広告サービスを提供開始

hexad

no plan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡室庄悟)が開発した、日本初の画面を占領しないバーチャルサイネージ広告サービス「hexad(ヘキサ)」の出稿企業様の募集を2020年7月27日より開始しました。

バーチャルサイネージ広告とは

一般的なバナー広告やインタースティシャル広告などの画面上に表示されるものとは異なり、ゲーム内のワールドに広告を配置することで、野外広告のような宣伝をすることができます。
画面を占有せずにユーザーに自然に認知をさせることができるので、ゲームの離脱率を抑えることができます。
視界に入ったときのみ広告費としてカウントされるのでコストを抑えることも期待できます。

背景

昨今のリモートワーク推奨への変化により、SNSをする時間、家族との時間、ゲームの利用時間が増加傾向にあります。
また外出が減ったことにより政治広告を除いたベースで今年の屋外広告は25%、減少が見込まれております。出典:(広告代理店WPP<WPP.L>傘下のグループエムが22日に公表したリポートから引用 https://www.groupm.com/this-year-next-year-global-mid-year-forecast-report/)

そこで、野外広告のように自然に広告できるかつ、コストを抑えつつも高いパフォーマンスが期待できる広告主もユーザーもハッピーになれる広告で日本の経済を発展させたいという願いのもと立ち上がったのが「hexad(ヘキサ)」になります。

海外では先行事例あり

海外では既に先行事例があり、大企業での導入が進んでいます。
日本においてもリモートワークが進んでいくにつれて、野外広告やデジタルサイネージ広告よりもコストを抑えつつ高いパフォーマンスが期待できます。

6つの利点

「hexad」は従来の野外広告やデジタルサイネージ広告に比べて6つの利点があることが由来となっています。
1: 自然にリーチできる
一般的なバナー広告やインタースティシャル広告などの画面上に表示される広告と異なり、ゲーム内のワールドに広告を配置することで、画面を占有せずにユーザーに自然に認知をさせることができるかつ、ゲームの離脱率を抑えることができます。

2: 圧倒的なコストパフォーマンス
ゲーム中に視界に入ったときだけ広告費が発生するので、野外広告よりもコストを抑えることができます
ゲームのユーザーの年代や嗜好に適した広告を表示。

3: すぐ導入、すぐ開始
ノーコードで導入をすることができ、広告表示に必要な工数の9割の負担を減らすことができます。

4: ほぼすべてのゲームとの相性抜群
・VRゲーム
・アクションゲーム
・レーシングゲーム
・スポーツゲーム
・ARゲーム
・2Dゲーム
などほぼすべてのジャンルにおいて相性がよく、すぐに広告を始めることができます。

5: 他の広告サービスと共存可能
他社の広告ツールと共存して使用することができます。

6: 管理画面で解析(バージョン1.0から予定)
報酬がどれぐらい発生したのかや、広告の制御といった設定はすべて管理画面からおこなうことができます。
ゲームのアクセス数やユニークユーザー数などの解析ツールとしてもご利用いただけます。

バーチャルサイネージ広告のイメージ

ヘキサ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加