このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.20

音声配信アプリ「stand.fm」、YJキャピタルよりシードラウンドで総額5億円の資金調達

stand fm

音声配信アプリ「stand.fm」を運営する株式会社stand.fmは、YJキャピタルより5億円の資金調達を実施し、再生時間に応じた収益還元やコンテンツ販売による配信者支援プログラムを開始しました。

株式会社stand.fmは音声配信アプリ「stand.fm」で、配信者の収益化を支援する「stand.fmパートナープログラム(SPP)」を開始いたします。SPPの第一弾として、再生時間に応じた収益還元プログラムをリリースしました。審査を通過した配信者は、再生時間に応じた収益を受け取ることが可能。今後コンテンツ販売、サポーター機能も利用可能になります。

stand.fmパートナープログラム(SPP)開始

◼️3つの収益化で配信者を支援

1.再生時間に応じた収益還元

2020年内はキャンペーンとして、再生1時間につき4~6円 (※1) の収益還元を計画しております。60分の投稿が2万回再生された場合、10万円前後の収益を受け取ることが可能です。

※1 リリース時点のキャンペーン単価となります。還元の単価は利用状況を見て調整予定です。将来的には広告収益の一部を還元することを想定しており、SPP対象配信者の投稿の前後に広告が挿入される場合があります。

※2 現在、LIVE配信は再生時間にカウントされませんが今後対応予定です
2.コンテンツ販売 (準備中)​

価格を自由に設定し、音声コンテンツを販売することができます。コンテンツ販売はアーカイブ・LIVE配信どちらも可能なので柔軟な収益化が可能になります。

3.サポーター機能(準備中)

サポーター機能は、チャンネルを応援してくれる有料月額ユーザー(サポーター)向けに限定コンテンツを配信することができます。サポーター限定にする時間を1秒単位で設定できるため、「放送の8割は全ユーザーが再生可能、残りの2割をボーナストラックとしてサポーター限定で配信する」という使い方も可能です。

 

 

※画面は開発版のため、リリース時に一部変更する可能性があります。
◼️誰でも応募可能

SPPは審査制で、承認された配信者のみが対象です。配信者のstand.fm・YouTube・SNS等のフォロワー数や発信内容など総合的な角度から審査する予定です。明確な審査基準についてはお伝えできない点をご了承ください。

◼️パートナープログラム開始の背景

stand.fmは、音声コンテンツの楽しさをより多くの方に知っていただき、音声配信をする人・聴く人を増やしていくため日々取り組んでいます。
配信者の収益化をサポートし、配信をサステイナブルにすることが、新しいコンテンツを生み出し続けるために大切なことだと考えており、SPPは試験導入となりますが、今回の発表だけにとどまらず今後もサポートを行っていきます。

資金調達に関して

株式会社stand.fmは、YJキャピタルよりシードラウンドで総額5億円の資金調達を実施しました。この調達により、SPPの拡充、マーケティング強化、エンジニア採用に注力してまいります。

音声配信アプリ「stand.fm」とは

誰でもどこにいても気軽に収録ができ、すぐに配信できる音声配信アプリです。

現在はエンタメやビジネス、スポーツ、恋愛、美容、ミュージック、ライフスタイルなど、幅広いジャンルのコンテンツが揃っており、タレントやインフルエンサー、専門家などによるコンテンツもあります。
LIVE配信ではリアルタイム配信ができることはもちろん、複数人で同時配信できる新機能により、視聴しているリスナーも配信に参加してもらうことが可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加