ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.1.17

TOKYO FM、オリジナル音声番組を投稿・配信できるサービスを提供開始

tokyo fm

TOKYO FMと株式会社ジャパンエフエムネットワーク(JFNC)の音声コンテンツプラットフォーム「AuDee(オーディー)」では、アプリユーザーがオリジナル番組を投稿・配信できる新サービス「マイスタジオ」をスタートしました。

「あなた自身のオリジナル番組を自由にいつでもどこでも収録できる、あなた専用のスタジオをご用意しました」というコンセプトのAuDeeの新サービス「マイスタジオ」は、一般ユーザーの誰もがお手元のスマートフォンで自身のトークを収録、編集し、BGMもつけて投稿もしくはLIVE配信でき、しかも繋がれる、いわゆる声のSNSです。ユーザーが自ら語るコンテンツは、一般に放送局などプロが制作するコンテンツとは差別化されUGC(ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ)と呼ばれています。自ら情報発信することによる参加の楽しみや、同じ話題で盛り上がるラジオの醍醐味である共感性をユーザーに提供するものでもあります。そこで、新しいオーディオコンテンツ体験を実感していただくために、一般ユーザーへのサービス提供に先駆けて、このたび「マイスタジオ」アンバサダーとして60名の精鋭インフルエンサーの皆さんに初回配信者としてご参加いただき、「AuDee」アプリのiPhone版で、サービスを開始いたしました。

TOKYO FMでは2年前より「FM 放送事業者からオーディオコンテンツ事業者への進化」を経営方針として掲げ、オーディオ・コンテンツ・プラットフォーム「AuDee」を主な拠点として、コンテンツ配信やインターネット広告ビジネスを中心としたオーディオ・コンテンツ・プラットフォーム事業の強化を推進してまいりました。「AuDee」は、「マイスタジオ」の投入により今年度内には月間アクティブユーザー200万人を超えるプラットフォームへ拡大し、次のステージに移ります。各界のインフルエンサーの皆さん、そしてTOKYO FMの出演者の皆さんと同様に、番組リスナーの皆さんにも音声コンテンツを投稿していただける「マイスタジオ」サービスのスタートにより、2022年、「AuDee」は音声総合プラットフォームとしてのプレゼンスをより明確なものにしてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加