このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.9.4

三井住友カードとマクロミルがデータ利活用を目的に業務提携

三井住友カードとマクロミルは、企業の戦略的なデータ利活用の促進を目指した業務提携を行うことで合意しました。

三井住友カードは日本におけるキャッシュレス取引のリーディングカンパニーとして、従来から保有している膨大なキャッシュレスデータ(クレジットカード等による取引等に関する統計データ)を戦略的に活用すべく、2019年10月からデータ分析支援サービスである『Custella(カステラ)※1』の提供を開始しました。現在は、三井住友カードの取引先加盟店や提携企業、自治体等が抱える課題やニーズに応じた分析支援・解決策のご提供に向けて、『Custella』のさらなる付加価値向上に取り組んでいます。

 マクロミルは2000年の創業以来、お客様のより良い意志決定を支援するために、最新テクノロジーをいち早く取り入れたマーケティング・リサーチサービスやソリューションの開発・展開に取り組んでまいりました。業界最高水準の規模(日本の人口の1%に相当)と品質を持つ国内約130万人の消費者パネルを自社で保有し、この自社パネルから取得する様々な意識データや行動データを、詳細な属性データに紐づけて提供可能です。特に昨今では、顧客が保有する様々なデータと、マクロミルが自社パネルを通じて取得するデータを同期・補完することで、顧客が持つデータの価値を高める取り組みを進めています。今後は、ネット・リサーチの会社から「リサーチ」×「DATA」の会社へと進化すべく、上記の取り組みに加え、データコンサルティング領域のケイパビリティを強化しており、2020年3月にはデータコンサルティングサービス『MAG(マグ)※2』の提供を開始しました。

 こうした中、本業務提携では、以下の通り、企業の戦略的なデータ活用の促進を目指す方針です。

 まず、三井住友カードのデータ分析支援サービス『Custella』において、マクロミルが『MAG』の提供を通じて獲得した様々な知見を全面的に活用することで、『Custella』の分析設計や考察・示唆の導出のさらなるレベルアップを図ります。これにより、アナリストやデータエンジニアがデータ分析設計やレポーティング、データの集計を行う上で、より効果的なデータマネジメントの実現が可能になります。一方、マクロミルは、国内No.1のキャッシュレスデータを持つ三井住友カードとの本件協働を、「リサーチ」×「DATA」の会社への進化と顧客からのパーセプション・チェンジ(認識変容)に向けた、先行的なパイロット案件の一つと位置づけ、この領域における知見と実績、競争優位性の向上を図ります。

 その上で、両社は両社のアセットを相互に活用することで、三井住友カードの『Custella』の付加価値を大きく向上させると同時に、マクロミルのデータコンサルティング領域における『MAG』のケイパビリティをさらに拡大させたいと考えています。

マクロミル 三井住友カード

※1:Custellaについて
 「Custella」は、三井住友カードが保有するキャッシュレスデータを、個人・加盟店が特定できないよう統計化された顧客属性データ(新規、リピーター、インバウンド等)や、顧客行動ごとに集計し、統計化された購買実績データ(平日、休日、時間帯、エリア等)など、様々な切り口で容易に集計し、データを「見える化」し、三井住友カードの加盟店や提携先企業等のマーケティングを支援する分析サービスです。
サービス紹介サイト:https://www.smbc-card.com/camp/custella/index.html
※2:MAGについて
 『Market data Analytics Guide』(略称:MAG/マグ)は、マクロミルが提供するデータ活用コンサルティングサービスです。企業のデータ活用における戦略立案から、データの収集・選定、DMP構築、統合データを用いたアナリティクス、BIツールを用いたデータの可視化、広告施策の検証など、データ活用のあらゆる支援をワンストップで行います。
サービス紹介サイト:https://www.mag-macromill.com/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加