このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.9.30

講談社、凸版印刷・サイバー・コミュニケーションズとコンテンツ事業のDX推進に向けた合弁会社「コンテンツデータマーケティング」を設立

講談社は、凸版印刷およびサイバー・コミュニケーションズ(CCI)との合弁で、日本語コンテンツと生活者のデータ解析、それに基づくソリューション提供を行う、株式会社コンテンツデータマーケティング(CDM)を設立しました。

CDMは、多様なコンテンツを生み出す出版社を出自とする会社です。この豊富なコンテンツを活かしてAIによる自然言語解析技術を磨き、コンテンツデータと生活者のデータをIDで結び付けて解析します。これによりレコメンデーションやマッチング等の精度を高めることで、コンテンツ事業者を中心とする様々な企業へ、新たなソリューションの提供を可能にします。
CDM

IDFAの制限やGDPR等、個人情報データに関しては、世界的に利用の規制が強化される方向にあります。この状況下、生活者からの利用許諾をあらかじめ得た情報をIDで連携させるアプローチは、広告利用の文脈においてのみならず注目を集めています。

CDMの本格的な稼働にあたり、凸版印刷は長きにわたる出版コンテンツ・情報の取扱いやデジタルマーケティング遂行、CCIは広告・メディアグロースに関する、それぞれの知見を活かして参加し、新たなCDMの事業の開発を加速させていきます。

株式会社コンテンツデータマーケティング概要

会社名:株式会社コンテンツデータマーケティング
英語表記:Content Data Marketing Inc.
主な事業:コンテンツマーケティング事業、メディアマネタイズ事業、コンテンツデータソリューション事業
所在地: 東京都文京区音羽 2-12-21
設立: 2020 年 2 月 27 日
代表者: 代表取締役社長 吉羽 治
URL: https://www.contentdata.co.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加