このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.21

電通とグッドパッチ、共同でデジタル領域での新事業/プロダクト開発支援を開始

グッドパッチは、電通と共同で、顧客の体験価値を起点としてサービスデザインとマーケティング戦略立案を一気通貫で提供するプロジェクト「X Design Partner(エックス デザイン パートナー)」を立ち上げました。


同プロジェクトの一環として、サービスデザイン・UI/UX開発と、タグライン/キャッチコピー開発およびサービスローンチ後のマーケティングコミュニケーション戦略までを事業やプロダクト開発初期から同時に一貫して検討・開発するサービスを2020年11月2日より開始いたします。

電通 グッドパッチ

■ 「X Design Partner」の概要
事業やプロダクトを開発する際、そのコンセプト設計や顧客視点を考慮したビジュアルデザインなどを先行的に開発し、マーケティング戦略は開発がある程度進行してから検討を開始するケースが多くあります。その場合、ターゲットユーザーに届けるためのメッセージと先行設計したコンセプトに齟齬が生じたり、プロダクトを通じた顧客体験(ユーザーエクスペリエンス:UX)をローンチ前に再検証したりする必要があり、時間的にも費用的にもロスが生じることがあります。
本プロジェクトが提供するサービスは、サービスデザインとマーケティング戦略を一気通貫で開発初期段階から行うことで、ターゲットの設定や顧客体験をふまえたコンセプト、マーケティング視点からのメッセージ開発を同時に検討・設計します。そのため、テスト/検証においてプロダクトとコミュニケーションを合わせてユーザーに評価してもらうことができ、時間的な効率化だけでなく、事業成長を視野に入れたマーケティング文脈を開発視点にも組み込むことができます。
<X Design Partnerにおける両者の役割>

グッドパッチは、顧客体験を起点としたプロダクト/サービス戦略からUXデザイン、UIデザイン、開発を中心に、電通はマーケティング視点からタグライン/キャッチコピー開発、ブランディング、統合コミュニケーション、グロース戦略立案を行います。各検討フェーズで連携するとともに同時に検討・設計を進めます。
お問い合わせはこちら:https://forms.gle/J62hhPpkvL1zXmK6A

■ X Design Partnerにおける基本プロセス
①ユーザー/マーケットリサーチ
自社内・ユーザー・マーケットに関するリサーチを行い、事業/プロダクトコンセプトを策定
②プロトタイピング検証、メッセージ/イメージボード制作
策定した事業/プロダクトコンセプトに基づいて、プロタイピングとメッセージ/イメージボードを制作し、MLP(minimum lovable product)の検証および定義付けを実施
③事業/プロダクトの開発、コミュニケーション戦略策定
事業/サービスの開発とマーケティングコミュニケーション戦略の策定を行い、サービスを上市し迅速な事業成長を促進
<X Design Partnerにおける基本プロセス>

※MLP(minimum lovable product):実用最小限のプロダクトMVP (Minimum Viable Product)をベースにした考え方。ユーザーに愛着を持たれ、選び続けられる存在かどうかを検証するための最小限のプロダクト。
提供する上記サービスは、企業の新事業/プロダクト立ち上げを前提として3ヶ月から半年間程度の期間を想定しています。サービスデザインから事業成長のためのマーケティング戦略立案作業を基本としております。用途に合わせて以下、2種類のサービスも提供いたします。提供する内容は目的や課題によりカスタマイズ可能です。

■ 提供パッケージ例
新規事業開発担当者、プロダクトマネージャーやマーケティング担当者などを対象にサービスを提供いたします。

①サービス開発・マーケティング戦略立案ワークショップ
期間:1~2日程度
概要:事業/プロダクトの開発視点とマーケティングの視点からリサーチからローンチまでの流れを体験するワークショップを実施。
用途:プロダクトのアイディエーションおよび、UI/UX開発、サービスを伝えるためのキャッチコピー開発などの事業開発からマーケティング戦略立案について一連で体験する研修・セミナーなど。

②新規事業アイデアおよびプロトタイプ開発/コミュニケーション戦略策定
期間:2~3ヶ月間程度
概要:本プロジェクトチームがリサーチからターゲット設定、アイディエーションを行い、プロダクト/サービスコンセプトを策定。同コンセプトに基づいたプロトタイプ開発とコミュニケーション戦略を検討し、市場ニーズと事業計画の検討までを実施。
用途:新規事業に投資し、開発を進めるために必要なサービスアイデアから実際のプロダクトイメージ、広告展開イメージ、事業計画までを検討するなど。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加