このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.29

サイバーエージェント、ダイナミックリタゲ広告の商品画像の最適化を行う効果予測モデルの提供開始

サイバーエージェントはインターネット広告事業において、AIを活用することでダイナミックリターゲティング広告に表示される商品画像の最適化を行う効果予測モデル「AI feed designer Plus(エーアイ フィード デザイナー プラス)」の提供を開始したことをお知らせいたします。

ダイナミックリターゲティング広告は、サイトに訪問したことがあるユーザーに対して、広告主が保有する「データフィード」と呼ばれる商品データと、Webサイト上での行動履歴を組み合せ、ユーザーごとに最適な広告を表示させる広告手法です。
高い広告効果が期待される一方で、広告の露出はサイトへのアクセス数に依存しており、露出時の広告効果を最大化させるためには最適な商品画像を選択することが重要だと考えられております。

このような背景から当社では、2019年3月より、ダイナミックリターゲティング広告向けにAIを活用したクリエイティブ効果予測モデル「AI feed designer」の提供を行ってまいりました。通常データフィード内には一商品に対して1枚の商品画像を指定しますが、本モデルは、一商品に対しデータフィード内に複数の商品画像を入れ、広告配信前に表示される商品画像の効果を予測することで、複数ある商品画像の中から広告効果の高い順にランキングし、最適な1枚を選択することが可能なサービスです。
これにより、配信実績を元にA/Bテストのプロセスを開始する前からクリエイティブ内に表示される最適な商品画像を選択することができます。

このたび提供を開始した「AI feed designer Plus(エーアイ フィード デザイナー プラス)」は、従来の配信前予測に加え、新機能として、配信実績を元に追加学習をかけることで、効果予測の精度をさらに高めることが可能となりました。

追加学習の実装においては、株式会社ABEJAが開発した、AIモデルの開発・運用プラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、広告主が保有するデータをもとに複数の画像素材の中から最も予測CTRが高い画像を選定するAIモデルの再学習を行っております。
本機能を実装することで、ツール導入前後と比較し、CPAが最大約20%の改善を確認しております。
AI feed designer Plus
ECサイトや賃貸サイトなど一商品に対して複数の商品画像が設定されている場合、通常は規則的に商品画像が表示されており、必ずしも効果が良い商品画像がクリエイティブ内に表示されているとは限りませんでした。
しかし、広告効果を最大化するには、最も効果的なクリエイティブを表示させる必要があります。季節商材を扱う広告主企業や自社で独自の商品画像をお持ちの広告主企業は、効果予測の精度向上を図る追加学習を実装した「AI feed designer Plus」を活用することで、商品ごとに最適な画像を選択し、広告配信開始時より高い広告効果を実現することが可能となります。
また、すでにクリエイティブの最適化を実現しているプラットフォームにおいても、本モデルを実装することで精度向上が期待できます。

現在、「AI feed designer Plus」の配信は、Yahoo! JAPAN と Criteoの広告に対応しており、連携する媒体は今後も拡大予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加