このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.1

Criteo、Oracle Data Cloud との連携でブランドセーフティ強化を発表

criteo

Criteo は、既存のブランドセー フティ機能をさらに強化するため、Oracle Data Cloud との連携を発表しました。これにより、予測入札 ツールである Criteo AI エンジンが Oracle Contextual Intelligence と連携し、ブランドに適した様々 なカテゴリーにおいて、リアルタイムのコンテンツレビューと分類をプリビッドでクライアントへ提供できることにな りました。

ブランドセーフティは、センシティブなニューストピックや偽情報の増加を懸念する広告主やマーケターの 間で引き続き注目を集めています。最近の Interactive Advertising Bureau(IAB)の調査による と、業界の専門家の 77%以上が 2020 年の最優先事項としてブランドセーフティを挙げています。 Criteo は、Oracle との連携を通じてこれらの業界ニーズに対応し、スケーラビリティとパフォーマンスを提供 しながら、マーケターのためにさらなるブランド保護を実現します。

Criteo のグローバルパートナーシップ&アライアンス担当シニアバイスプレジデントであるレン・オストロフは 次のように述べています。「Criteo は、ブランドとパブリッシャーに安全で透明性が高い広告体験を提供す ることに尽力しています。Oracle Data Cloud はコンテクスチュアル・インテリジェンスのリーダーです。この 連携により、プリビッドでセマンティック(語義)検出できる性能が Criteo のブランドセーフティ機能に加わ り、より良いサービスをお客様に提供できるようになります」

Oracle Contextual Intelligence は、広告をブランドに適した Web ページや広告枠に表示するこ とで、個人識別子に依存せずキャンペーンの成果向上を支援します。Adaptive machine learning (適応型機械学習)を活用し、Web ページ上のキーワード判定を行うため、広告主はブランドをネガテ ィブなコンテンツやキーワードと関連付けられることを回避でき、また、ブランドにとってより適切で影響力のあ る掲載面へ広告を配信できるようになります。

Oracle Data Cloud プロダクトマネジメント担当シニアディレクターであるクリス・スターク氏は次のように 述べています。「ブランドセーフティへの進行中かつ急速に進化する懸念に対処するため、Criteo と連携し

て業界の専門家に適切なテクノロジーソリューションを提供できることを嬉しく思います。私たちの目標は、 広告主が広告掲載をよりコントロールできるようにし、ブランドセーフティに関する議論の高まりを長期的な ブランド適合性の重視へシフトすることです」

Criteo は、2020 年 2 月から Oracle Data Cloud との連携を開始しました。このブランドセーフティ 強化機能は、すべてのクライアントに追加コストなしで自動的に提供されます。

Criteo (クリテオ) について

Criteo(NASDAQ:CRTO)は、世界のマーケターへ信頼と効果の高い広告展開を提供するグローバルテクノロジーカンパニーです。およ そ 2,600 名の Criteo チームメンバーは、世界 20,000 社以上の広告主と、数千のパブリッシャーと連携して得られる膨大なデータを、機械 学習を用いて精密に分析することで、全ての広告チャネルを通じた効率的な広告配信を実現します。Criteo はテクノロジーを通じて、あらゆ る規模の広告主に対し、ユーザーが本当に求めているものに出会える仕組みを提供します。

Oracle Data Cloud について

マーケティング担当者がデータを利用し、消費者の関心を収集し、キャンペーンの成果を上げることを支援します。オーディエンス、コンテキス ト、広告効果検証にわたるこれらのソリューションは、世界の上位広告事業者 200 社中 199 社に採用され、有力メディア・プラットフォーム 各種にわたり、世界 100 カ国以上で利用されています。オーディエンス・プランニングから入札前のブランド・セーフティ、コンテキストに応じた関 連性、ビューアビリティの検証、不正防止、ROI 測定に至るマーケティングのあらゆる段階で求められるデータとツールをマーケティング担当者 に提供しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加