ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2020.12.22

ジェイアール東日本企画、交通広告と位置情報ターゲティングの連動広告を提供開始

jeki

ジェイアール東日本企画は、デジタル広告配信を行う位置情報系プラットフォーマーである株式会社unerry、Cinarra Systems Japan株式会社、株式会社スイッチスマイルの3社(五十音順)とそれぞれ連携し、IoTセンサー等を用いた広告商品のテスト販売を開始しました。

BeaconやWi-FiといったIoTセンサーで捉えた首都圏移動者をターゲットとし、JR東日本交通広告とスマートフォンへのターゲティング広告配信をセット商品化します。2021年1月~同3月にてテスト販売で検証を行い、次年度(2021年4月以降)の商品化を目指します。

株式会社 unerry との連携商品について
「Beacon Bank」が J ビーコン を通じて山手線利用者・改札付近利用者を推定し、SNS(Facebook / Instagram /LINE)広告を配信します。視認性の高い交通広告と身近な SNS 広告の組み合わせにより、高頻度で多面的な広告接触を実現し、広告認知の拡大を図るパッケージ商品のテスト販売を開始します。

Cinarra Systems Japan 株式会社との連携商品について
駅周辺から取得した位置情報を活用することで、駅ナカ・駅周辺ユーザーのスマートフォンに対し広告主の情報をターゲティング配信し、交通広告との相乗効果を狙います。また広告配信だけでなく「年代・性別」「店舗送客」「サイト送客」「心理指標」という4つの指標で広告の効果測定もできるパッケージ商品のテスト販売を開始します。

株式会社スイッチスマイルとの連携商品について
POI 位置情報を使った広告配信システム『pinableAd』を開発・提供しており、jeki が機能提供を行っているJビーコン と、フリーWiFi 自動接続アプリ『タウン WiFi』を連携させ、広告と連携したリアルタイムプッシュ広告として、今回「山手線プッシュアド」のテスト販売を開始します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加