このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2021.1.8

デジタルHDのコネクトム、代表取締役交代および役員体制変更

デジタルHDのコネクトムは、本年1月1日付で役員体制を変更しました。

新経営体制では、デジタルホールディングス 奥田知広氏が代表取締役社長に就任し、前代表取締役社長の久米田晶亮氏は、取締役に就任。また、同日付でオプト 松本恵司氏が当社執行役員に就任。

1.新経営体制(1月1日付)

オプト

2.体制変更の背景

当社は2014年3月に創業し、位置情報を起点としたロケーションターゲティング広告およびマーケティングソリューションを提供してまいりました。この度、継続的なサービス提供を可能とするため、中核事業を「店舗集客型広告配信および運用代理事業」から「店舗集客を目的とした、店舗情報管理、分析、情報配信(広告配信含む)SaaS開発・販売事業」へ転換いたします。それに伴い、事業転換に見合った経営管理体制および事業成長を支えるための、より強固な組織構築が必要という結論に至りました。

上記を遂行すべく、株式会社デジタルホールディングスにて事業統括を務めてきた奥田知広が代表となり、さらに、これまでオプトにおいて中核組織を牽引してきた松本恵司が経営陣に加わることで、新たな事業成長を目指してまいります。
創業者である久米田晶亮は取締役として、中長期的な事業成長に向けたプロダクト開発や事業開発に注力いたします。

3. 新代表取締役・奥田知広よりメッセージ

当社は創業以来、位置情報を起点とした広告関連ソリューションを提供してまいりました。日本には約400万店舗に及ぶリテール事業を担う企業が存在しておりますが、新型コロナウイルスによる影響で、世の中の購買体験に対する価値観と商習慣が大きく変わりました。ここ数年、GAFAをはじめとした大手プラットフォーマーの台頭や、SNS、EC、昨今ではメーカーやブランドが直接消費者と接点を持つD2Cの浸透などによりデジタル化がさらに加速し、オンラインとオフラインが複雑に絡み合いUX(ユーザー体験)が形成されるようになりました。
当社は、日々進化、変化するリテール事業主様とエンドユーザー様をつなぎ、「知りたい」と「伝えたい」をつなぐ発見の接点を生み出すことで、購買体験における新たな価値をSaaSという形で提供してまいります。

〈新任役員プロフィール〉

奥田 知広(おくだ ともひろ)
ニューヨーク州立大学F.I.T卒業後、株式会社リクルートHRマーケティング(現リクルート・ジョブス)新卒入社、大手リテール業界を担当。その後、外資系旅行メディアにて航空会社、外資ホテルチェーン、観光局等を担当。Japan Entry Corporation社(本社US、ボストン)ではコンサルティングディレクターとして海外IT/Techベンチャー企業の日本市場参入コンサル兼事業開発に従事。 B2B SaaS(ID/サブスクリプション/CRM/課金)を展開するMPP Global Solutions社(本社:英国、マンチェスター)にて日本初代カントリーマネージャー就任。その後、Facebook Japan株式会社を経て株式会社デジタルホールディングスに入社。
2021年1月1日付で株式会社コネクトム、代表取締役社長に就任(現任)。

久米田 晶亮 (くめだ しょうすけ)
大学卒業後、2008年株式会社オプトに入社し、モバイル広告セールスに従事。2010年、大手ソーシャルゲーム会社へビジネスプロデューサーとして常駐。2011年オプト帰任後、ビジネス開発部を創設・部長就任。O2O事業開発/投資PMを兼任し、米Retailigence社との資本業務提携・ローカライズを牽引し、事業を拡大。
2014年 現株式会社デジタルホールディングス100%子会社として、株式会社コネクトムを創業、代表取締役社長に就任。有店舗事業者のデジタルシフト支援として来店促進ツール/SaaS開発の立ち上げ、経営全般を管掌。2021年、同社取締役として新規事業開発及び経営企画を管掌。

松本 恵司(まつもと けいじ)
大学卒業後、2010年株式会社オプトに新卒入社。入社後、一貫して営業職に従事、2015年にはアプリマーケティングの専門組織の立ち上げにも参画。2017年にスマートデバイスセールス部の部長に就任。2019年からは第3営業部の部長としてナショナルクライアントのデジタルシフト、B2B SaaSの大型プロモーションなどを多数担当する、最大規模の部署を牽引。2021年、同社執行役員として、マーケティング・セールス、CS領域を管掌。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加