ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.2

セプテーニHD、2021年9月期Q1は増収増益

セプテーニ

セプテーニHDは、2021年9月期Q1の決算を発表しました。収益は5,275百万円(前年同四半期比20.9%増)、営業利益は1,205百万円(前年同四半期比110.4%増)、Non-GAAP営業利益は1,215百万円(前年同四半期比97.9%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は865百万円(前年同四半期比123.2%増)と好調な数字となりました。

①デジタルマーケティング事業
COVID-19による消費全般のオンライン化に伴う需要の取り込みや、電通グループとの協業が進捗いたしました。また、海外デジタルマーケティング事業において損益が改善いたしました。これらの結果、収益は4,704百万円(前年同四半期比22.6%増)、Non-GAAP営業利益は1,971百万円(前年同四半期比53.2%増)となりました。

②メディアプラットフォーム事業
マンガコンテンツ事業「GANMA!」、採用プラットフォーム事業「ViViViT」、社会貢献プラットフォーム事業「gooddo」、医療プラットフォーム事業「Pharmarket」、育児プラットフォーム事業「ベビフル」等の事業セグメントから構成されております。
当四半期においては、増収により収益は過去最高を更新した一方、利益率の高い広告収益の減少により、赤字幅が拡大いたしました。
これらの結果、収益は660百万円(前年同四半期比8.9%増)、Non-GAAP営業損失は263百万円(前年同四半期は209百万円のNon-GAAP営業損失)となりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加