ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.11.10

セプテーニHD、グループ社員も含めて給与水準を一律で年間約80~100万円の引き上げへ

セプテーニ

株式会社セプテーニ・ホールディングスは、2023年4月より人的資本価値の向上を目的とした、「給与水準の引き上げ」「従業員持株会における奨励金付与率の引き上げ」の人的投資、および新たな働き方やオフィスへの投資を強化を発表しました。

セプテーニグループは、、10年以上前から膨大な人材データを活用し、AI(機械学習)等を用いてピープルアナリティクスに関する研究に取り組んでいました。本研究において、若手社員の早期戦力化レートの向上が確認できたことから、2017年10月には大幅なベースアップを行ないました。これにより、一時的な利益の減少はあったものの、人的資本価値の増加に伴う顧客提供価値の向上により、5年経過時点で施策実施前と比較して約2.5倍の利益を生み出す等、長期視点での人的投資の合理性を示す結果が確認されています。

こうした背景から、この度2023年4月からの給与水準引き上げを決定いたしました。また同時に、従業員の資産形成支援および従業員のオーナーシップ意識の醸成を図るため、従業員持株会における奨励金付与率を現行の10%から20%に増額する等、人事システム全般を強化してます。

加えて、2020年2月下旬より新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として在宅勤務を実施してまいりましたが、柔軟な働き方の促進、および営業活動関連の費用管理において成果が得られたことを踏まえ、正式な制度として導入するとともに、新たな働き方の定着に伴うオフィスへの投資も実施。

新たな人的投資等の詳細

■給与水準の引き上げ
グループ会社9社の正社員を対象に2023年4月よりベースアップを実施し、全ての資格において一律で年間約80万円(一部資格では年間約100万円)増額いたします。

■従業員持株会における奨励金付与率の引き上げ
2023年4月より、従業員持株会における奨励金付与率を現行の10%から20%に引き上げます。これにより、従業員の長期的な資産形成を支援いたします。また、自社株式の取得および保有を通じて従業員自身が株主視点を持つことで、オーナーシップ意識の醸成および仕事に対するモチベーションの向上を図ってまいります。

■働き方やオフィスへの投資強化
2020年2月下旬より新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として在宅勤務を実施してまいりましたが、柔軟な働き方の促進、および営業活動関連の費用管理において成果が得られたことを踏まえ、2023年4月より正式な制度として導入するとともに、新たな働き方に応じた本社オフィスのリニューアル等を行ないます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加