ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.15

ALBERT、2020年通期決算は増収増益

albert

ALBERTは、2020年通期決算を発表をしました。売上高は2,703,698千円(前事業年度比16.3%増)、営業利益は250,425千円(前事業年度比32.1%増)、経常利益は272,572千円(前事業年度比40.8%増)、当期純利益は146,115千円(前事業年度比22.1%減)となる増収増益の決算となりました。

第2四半期には新型コロナウイルス感染拡大の影響により、分析プロジェクトの開始に向けた顧客内意思決定の遅れ等による売上計上時期の期ずれが発生しましたが、第3四半期以降は回復期に入りました。また、2020年12月期に実施した外部調査委員会による調査に伴い、調査費用として総額176,822千円を特別損失として、一方、調査費用の発生に対する受取保険金として60,000千円を特別利益として計上しています。

2021年12月期においては、売上高3,380百万円、営業利益404百万円、経常利益404百万円、当期純利益267百万円を予想しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加